逆境に打ち勝つ力

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝つためには、逆境に打ち勝つ力を身につけなければいけません。株式投資で大きな利益を上げている方のほとんどは逆境をチャンスだと思っています。

例えば2008年に起きたリーマンショック。あれは100年に一度と言われた大暴落で、あの時は完全に株式市場が崩壊したという見方が強まっていました。一時期は日経平均株価が6000円代まで下落し、これ以上株を持ち続けたら資産に大打撃を受けると考えた人々が、率先して株を売り払いました。

さて、リーマンショックの影響は甚大なものでありますが、株式市場は崩壊したのでしょうか?

皆さんご存じのとおり、株式市場は崩壊していません。それどころか2013年5月27日の日経平均株価は14239円と、リーマンショック後に比べて2倍以上も株価が上昇しています。

個人投資家にとって一番ともいえる逆境はリーマンショックでしょう。しかし、最安値を更新したその日に株式投資を始めて、現在まで長期保有していたら? 当然のことながら、現在の資産が莫大に増えているのです。

このように、逆境が訪れたときどう行動するかが重要になります。世間の悲観論に惑わされずピンチはチャンスだ!と思って行動した方は今頃、勝利という名の甘い果実を味わうことができるのです。


逆境に打ち勝った人だけが大きな利益を手にすることができます。大衆心理に逆らうのはとても勇気のいることですが、人と逆のことをやってこそ勝負に勝つことができるのです。

逆境に打ち勝つ力とは、他人の意見に惑わされない自分の強靭な精神力のことを言います。株式投資で大きく儲けたいのであれば、逆境をチャンスだと思わなければいけません。


スポンサードリンク