通勤時間を利用して株の情報を集める

LINEで送る
Pocket

通勤時間を有意義に活用したい場合、通勤時間を利用して株に関する情報を収集するのがお勧めです。


株式投資というジャンルは様々な情報と繋がっているので、日々のニュースをスマートフォンで確認して世の中にどのような影響を与えるか考えてみましょう。例えばバレンタインデーが近づいてきた場合、ニューストピックはバレンタインデー特集が多くなります。

バレンタインデーの需要を取り入れられるのはお菓子を販売している会社です。特にチョコレートを製造している会社はバレンタインデーが需要向上のチャンスになるため、株価も向上しやすい傾向があるのです。このように、株式投資に役立つ情報を仕入れるために通勤時間を活かしましょう。

通勤時間が長い人ほど時間を有効に利用する必要があります。

特に自分の収入を高めたいと望んでいる人は「自分に有益になる情報」を仕入れるようにしましょう。通勤時間内で会社の決算を分析するのも良いですし、投資先のビジネスモデルを調べて追加投資を行なうか検討しても良いのです。

通勤時間は年単位で考えると膨大な時間になるので、できるだけ良い方向に利用するのが大切になります。株式投資に役立つ本を読んでも良いですし、自分の知識を増やすために株サイトを見るのも有効です。

通勤時間も有意義なことに活用するという意識があれば少しずつ自分の生活が変わっていきます。少なくとも株式投資の知識は今以上に身につくようになるので、通勤時間の使い方次第で株式投資の勝率を高めることができるのです。

私がお勧めしたいのは通勤時間で経済本を読むことです。社長の理念が書かれた本や会社のビジネスモデルを解説している本は新たな投資先を見つけるのに役立ちます。「なぜ強い会社と弱い会社が存在するのか?」という理由も明確になるため、たくさんの本を読むのがお勧めです。

通勤時間は有意義に活用すれば自分の知識幅を広げることができるので、悲観的に捉える必要はないのです。通勤時間が1時間を超えるのであれば30分でも良いので有用な情報を仕入れるようにしましょう。

情報化社会へと歩を進めた日本は「情報を活用した者が生き残る社会」に進歩したのです。

逆に言えば何の情報も仕入れないとテクノロジーの進歩についていくことができません。特に株式投資というジャンルは「情報収集能力」が強く求められるので、通勤時間を利用して有益な情報収集に励むのはこれからの時代を生き残る上で重要になります。

情報を仕入れると言っても「無駄な情報」は意味がないです。例えばネタ要素が強い情報は投資先選定に役立たないので気をつけてください。

スマートフォンを活用すれば自分の口座にログインすることができるので、証券会社を通じて株情報を集めるのもお勧めです。1日1社の財務状態を分析して投資先をじっくり探すという手段を取っても良いのです。

情報化社会に適応する意識を保ち、通勤時間を有効活用していきましょう。


スポンサードリンク