株式投資は早期リタイアと相性が良い

LINEで送る
Pocket

早期リタイアを目的として株式投資を始めている方は多くいらっしゃいます。


株式投資は早期リタイアと相性が良く、早期リタイアを実現するための手段として株式投資は大いに役立つでしょう。早期リタイアに対して難しく考えている人もいらっしゃいますが、早期リタイアの条件はとても単純です。

働かなくても生活できるだけの収入を手にすれば良いのです。

つまり、早期リタイアを達成するために重要となるのは不労所得です。独身であれば自分1人が生活できる不労所得を得ることを目的にしましょう。結婚している方は、家族を養っていけるだけの不労所得を得れば良いのです。

しかし、実際に働かなくても生活できるだけの収入を手にするのは難しいのです。

株資産だけで早期リタイアを成し遂げたければ、莫大な投資資金を用意しなければいけません。5000万円の資金を活用し、配当利回り5%の株を買えば年間の不労所得は250万円になります。税金分を差し引くと約200万程度の不労所得になるため、つつましく生活することは可能です。

早期リタイアに必要な資金は5000万円です。

しかも、この5000万円という条件は最低ラインであると考えてください。できればもっと投資資金が多い方が生活は楽になるのです。たまにアルバイトをして生活費を稼ぐ手段を選択するのであれば別ですが、完全な早期リタイアを成し遂げたければ投資資金を増やす必要があります。

5000万円を一気に支払えと言ってもほとんどの人が「無理」と答えます。それなら発想を転換させて、少しずつ投資資金を増やしていけば良いのではないでしょうか。

株の配当金を利用してお金を貯めて、労働所得を毎月の投資資金に回せば5000万円を貯めるのは現実的に可能です。しかし、長い月日がかかることは覚悟しなければいけません。老後の生活に間に合わせることは可能ですが、若いうちから早期リタイアを目指したければ株式投資以外の手段も活用しなければいけないのです。

株式投資は他の投資との相性が良いので、他の金融資産と組み合わせて利用することが可能です。

早期リタイアを実現したければ、まずは現実を知ることから始めましょう。早期リタイアに必要なお金を知ることから全てが始まります。5000万円の投資資金を貯めるのが無理だと感じる方は、早期リタイアを諦めるという手段を選択するしかありません。

しかし、早期リタイアを目標にすれば「今、自分は何をしたら良いのか?」ということを考えやすくなります。理想に向かって突き進むのは悪いことではないので、早期リタイアを実現するための最短距離を考えましょう。

株式投資だけで早期リタイアを実現するのが無理だと思ったら、起業やFXなど、他の方法も検討した方が良いのです。


スポンサードリンク