株式投資で生活するために重要な4つの条件

LINEで送る
Pocket

労働にとらわれないで株式投資だけで生活することは可能です。


多くの投資家は専業で生計を立てることを目標にしています。私は「働きたい人だけが働けば良い」という考えを抱いていますが、この意見は理想論です。実際には生活するために働く人が多いのが現状になります。

しかし、一般市民でも以下の条件をクリアすれば株式投資だけで生活することは可能です。

1,毎月生活できるだけの収入を確保する

生活費は人によって異なります。仮に1ヶ月の生活費が30万円と仮定した場合、1ヶ月に30万円稼がなければいけません。株式投資だけで30万稼ぐのは難しいようで簡単です。投資資金を増やしてたくさん株を保有すればこの条件は軽くクリアすることができます。

しかし、投資資金を増やすのが1番難しいのも事実です。1ヶ月に30万円稼ぐということは、年間に360万の収入を得る必要があるのです。配当金だけで生活することを考えた場合、配当利回りが5%の株を保有していたとしても、投資資金が7200万円は必要になります。

7200万円を配当利回り5%の株に投資すると360万円の配当金収入を受け取ることができます。この計算は税金を含んでいないので手取りの収入はもっと少なくなるのです。

しかし、この収入は配当金だけをターゲットにしています。

他に株主優待による利益や売却益を狙うようにすればもっと少ない投資資金でも生活することが可能です。

そもそも配当利回り5%の株にこだわる必要はないのです。外国の株を探せば配当利回りが15%の株も存在するので配当利回り15%の株を買って生活する場合、投資資金が2500万円あれば年間の配当所得は375万円になります。

投資資金を2500万円にするのは決して不可能ではありません。売却益も利益に含めるのであれば投資資金がもっと少なくても良いのです。この投資資金の基準は日本で生活するための目安の1つだと考えてください。

2,日経平均株価に左右されないで利益を上げる

株式投資だけで生活したければ日経平均株価の負の影響を避ける必要があります。

大抵の投資家は日経平均株価が下がると含み損を抱えます。それは日本株だけに投資しているから日経平均株価の動向で利益額が変わってしまうのです。

しかし、外国株を保有していたらどうでしょうか?

株式投資は日本だけではありません。中国株やアメリカ株、ベトナム株など様々な外国株を買って利益を上げるのも重要です。日本に住んでいると「日本株で儲ける」という観点に縛られてしまいますが、視野を広めてください。外国株で儲けても良いのです。

日経平均株価が低迷していても、ベトナム株や中国株の株価が上がれば売却益を得ることができます。株式投資の範囲をグローバル化することによって日経平均株価に左右されないリターンを得ることができるのです。株式投資だけで生活したい人は外国株も買うべきです。

3,毎月の収入にこだわらない

決算が異なる株をたくさん保有していれば毎月配当金が振り込まれる生活を実現することができます。

しかし、株式投資は収入が安定しません。3月決算や9月決算の株が多いので、配当金も6月や12月頃にたくさん振り込まれるケースが多いのです。つまり、配当金がドカッと入る月と配当金があまり振り込まれない月があることを理解する必要があります。

毎月の収入が安定しないのは当たり前なので、儲かった月は利益を翌月の生活費に利用することを考えなければいけません。

毎月売却益を得られる人は別ですが、配当金をベースに生活したい方は「配当金が多い月と配当金が少ない月」を意識するのが肝心になります。

4,株主優待で生活費を削減する

30万円も生活費はいらない! むしろ生活費を減らしたい!

そう考えている方は株主優待を実施している株を購入しましょう。様々な株を買い集めるのはリスクヘッジになりますし、配当金とは別の利益を得ることができます。

例えば毎月の食費をゼロにすることは可能です。


何も食べるなという意味ではありません。そんなことをしたら死んでしまうので、特殊な体質な人以外実践しないでください。私がお勧めしたいのは「お米や外食券などが貰える株を買って食費を減らす」という方法です。

お米を株主優待に設定している株はたくさんあります。例えばフコク(5185)は100株以上株を保有している人に対して2kgのお米をプレゼントしています。

さすがに2kgのお米だけで生活するのは無理ですが、フコクのような株をたくさん保有したらどうなるでしょうか? お米を買う必要がなくなるため、食費を大きく減らすことができます。株を保有して外食券をたくさん貰えるようになれば毎月の食費も削減できます。

食費が減ると結果的に生活費を減らすこともできるので、「毎月30万円の生活費」に縛られる必要はなくなります。突き詰めれば株主優待で得られる食べ物や金券だけで食費をゼロにすることも可能です。

株式投資で生活するための条件をまとめると以下のようになります。

・日経平均株価がどのように推移しても利益を出せるようにする

・配当金で暮らしたければ投資資金が多い方が有利

・株主優待を利用して生活費を削減する

また、日本で生活することにこだわらない人は物価が安い外国で暮らすことを検討しても良いでしょう。国によっては毎月5万円で生活することも可能なので、株式投資だけで生活するハードルは下がります。

1番の理想は配当金収入や売却益による収入、株主優待など様々な利益を組み合わせて安定した生活を実現する方法を採用することです。

株式投資だけで生活したい人は1つの事柄にこだわらず、広い視点で株式投資について考えてみることをお勧めします。


スポンサードリンク