本気で稼ぎたい人は実験と研究を継続して株式投資を行なうべき

LINEで送る
Pocket

※この記事は上級者用の記事になります。

私は株式投資について徹底的に研究を進めています。


株式投資、それは大きな富をもたらしてくれる素晴らしい手段であり、一部の人を地獄に叩き落とす手段になります。個人投資家の9割が負けている現状を加味すると、何も知らない人間が株式投資を行なうのが最良の手段とは思えない現実に直面しています。

なぜ個人投資家の9割が負けてしまうのか?

個人投資家の9割が負けるという事実を冷静に分析すると、「9割の人間が株式投資でお金や資産を減らしている」という真実にたどり着きます。私はこの現実から逃げるつもりは全くなく、現実を受け止めた上で「負けない株式投資」を実現するために研究を重ねています。

「株式投資は負けなければ良い」と豪語している私ですが、そんなことは理想論だと否定する人もいらっしゃるでしょう。

現実的なデータを出しますと、今年私は勝率100%を保って株式投資を継続しています。

勝率100%と言っても1回や2回の取引でドヤ顔して「勝率100%だ!」と自慢しているわけではなく、何度も取引を重ねて連勝記録を伸ばしている状態です。

この勝率に配当金収入は含んでおらず、全て「売却益」で勝率データを出しております。

私の投資手法を実践すれば勝率100%を保つことができるというのが現在の結果になりますが、だからと言って私の言うことを全て盲信するのは危険です。

私は「とにかく負けることを避け、堅実に勝つことを重視した取引」を行なっていますが、それは結果という形で表れています。

割安性に長けた株を購入し、株価ではなく「株の本質的価値」を重視した株取引が有効であるかを示すデータも存在しています。(本当か否か調べたければ私の株日記を読んでください。それも疑わしいと思う人は日記に書いてある内容と、株価を照らし合わせれば私の言っていることが嘘ではないと理解できるはずです)

ただ、これは現在の結果であり、今後も良い結果を出せるとは限りません。

そもそも株式投資で勝率100%を維持するのは不可能だと思っており、「絶対に負けない投資」を実現するのは少々度が過ぎていると感じます。

どんな投資家でも負けた経験がある人がほとんどで、勝率100%を目指して非効率な取引ばかり続けていたら意味がありません。

そのため、私は「勝率70%以上を保つ」という目標を定めていますが、これは可能だと思っています。

私の投資手法をご存知の方も多いでしょうが、ご存知のない方のために簡単にまとめさせて頂きます。

・割安株を狙い、企業価値より株価が安い株を購入する

・黒字経営を維持しているのは絶対条件。今後も赤字を出す可能性の低いビジネスモデルを築いている会社を狙う

・含み損を抱えたら配当金でカバーする戦略を実行する

・損切りは絶対にしない。含み損を抱えたら放置し、株価が安くなったらナンピンを行なって平均取得単価を下げる

・できるだけ財務状態が良い株を買う。自己資本比率が高く、有利子負債が少ない株を狙うのが理想

・重視するのは持続的成長能力。利益を伸ばしている割安株が優良株だという理論を曲げず、今後も成長が予測される株を買う

・その中でも重視するのはビジネスモデル。ビジネスモデルの優劣を競合他社と比較し、優れた自社商品が存在するか徹底的に分析し、数字と照らしあわせて現在の株の実力を評価する

以上の7つのポイントを実践すれば、負けない株式投資を実現するのは可能だというデータが出ています。しかし、このデータは「2014年の取引データ」の結果から出されたものであり、データ算出期間が伸びたら勝率が下がる可能性も十分に考えられます。

私が生み出した独自理論と分析力が本物であれば、今後も高勝率を維持して「勝ち続ける株式投資」を実行することができるでしょう。

私が株式投資を続けているのは株が好きという理由もありますが、「実際に株式投資を行ない、有用なデータを出して私の理論の正しさを証明するため」という目的も存在します。

投資手法に特許は存在しませんので、私の理論はいつでも実践することが可能です。

私がこの記事で、「私は正しい、こんなに勝ち続けることができるのは私が凄いからだ」という自慢を述べたいのではありません。

「本当に株式投資で勝ち続けたければ、実験と研究を続けなければいけない」ということを主張したいのです。


はっきりと断言しますが、自分で株式投資を行っていない株式評論家は本物ではありません。

結果を出した者が1番偉い株式投資の世界において、「自分は結果を出していませんが、株式投資について語ることは可能です」と主張するのは説得力がありません。

健康オタクが医学について語るのと同じです。

医学に関する知識を収集したければ論文を読んだり、医者にお話を伺ったりするのが1番です。

私は実績なき理論を極端に嫌います。

実現できない理論はただの理想論であり、結果を出している理論が「実践論」として輝くのです。私は自分の投資理論を理想論で終わらせるつもりはなく、「実験と研究」を通じて自分の投資理論を実践論へと転化している最中です。

実際にお金を使用して株を購入し、「長期投資・中期投資・短期投資」を通じて利益を上げているのは理論の正しさを証明するデータを欲しているからです。

株によって当てはめるべき戦略は変わるという持論を抱いていますが、この理論が正しいか否かを証明するために私は株式投資を続けているのです。

現に私は株式投資で儲けても、株式投資以外でお金を使用することはほとんどありません。

自分が遊ぶことよりも、「更なる研究データ」を得るために株を購入することを重視しています。

 

今の段階で「研究」と述べているのですから、私は自分の生み出した理論が不完全だと考えている状態です。

何か重大な欠点が存在すれば修正すれば良いですし、株式投資を通じて有効なデータを収集し、「更なる投資理論の飛躍」を目指しているのが現在の私です。

私は本気で株式投資について研究しています。

どう考えても個人投資家の9割が負ける現状はおかしい。もっと勝率を高めることができるはずだと、本気で信じています。

医学の分野で重視されているのは「研究内容」です。新理論を出しても、新理論が正しいという裏付けのあるデータを提示しなければ信用して貰えません。学術的に価値のない理論として扱われることが大半です。

株式投資も同じです。

株式投資は誰もが取り組むことのできる素晴らしいシステムになりますが、「本気で研究した人間と、何となく株を買っている人間」に勝率に大きな差が開くのはデータをみれば一発で分かります。

私が勝ち続けているのは偶然ではなく、実験・研究を続けているからです。

日々の研究を通じて理論の問題点を修正し、修正した結果を次の投資に反映しているから勝ち続けることができるのです。

逆に言えばここまでしないと株式投資で勝ち続けるのは難しいのかもしれません。

個人投資家の9割が負けるのは「何も知らないで株を買っているから」です。

個人投資家の大半が多くのことを知らないのは、日本の金融教育が未熟だからです。この現状を変えることができれば、個人投資家の9割が負けるという滅茶苦茶な現実をぶち壊すことができると思っています。

そういう意味も込めて私は株式投資.jpを運営しているのですが、残念ながらまだ私の理論は絶対に正しいと言い切れないのが現状です。

ここであなたにお伝えしたいのは、「本気で勝ち続けたければ研究という努力を怠ってはいけない」ということです。

見よう見まねで勝っている人の理論を真似しても勝てません。バフェットの長期投資論は非常に優れていますが、バフェットの長期投資論を表面上真似しても株式投資で勝つことはできません。

株式投資で本気で勝ち続けたければ、「自分が出したデータ」を参考にしてください。

人によってメンタルの度合いは違います。メンタルの強さが取引結果に反映されるのは確固たる事実で、私の投資手法を実践しても「メンタルが弱い」と含み損に耐え切れないということもありえるのです。

1番良いのは「実験・研究を続けて自分に合った投資手法を見つけること」です。

といっても、大半の投資家は自己流の投資手法を身につけていません。だから株式投資で負けるのですが、最初はそれでも仕方ないと思っています。

しかし、いつまでも負けばかりの人生を歩みたくなければ、「自分に合った投資理論」を見つけだすまで本気で研究することをお勧めいたします。

最初は人の真似でも構いません。

自分が尊敬できる投資家の投資手法を真似して、ある程度株式投資に対する理解を深めたら投資論をアレンジするというやり方を取っても良いのです。

 

1流の投資家はデータを重視します。

 

自分が出したデータを徹底的に分析し、研究して理論力を強化しているから株式投資で勝つことができるのです。

初心者投資家も、玄人投資家も「実験と研究」が大切であることを理解してください。

自分の取引データは自分が保有する唯一の資産であり、データを蔑ろにする者は株式投資で勝てないという現実を理解しなきゃダメなんです。

実験と研究の大切さを理解することができれば、あなたは株式投資で勝ち続けることができるようになります。

自己理論の開拓が勝利を引き寄せる希望の道になるのです。


スポンサードリンク