小手先のテクニックを身につける必要は無い

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝ちたければ、「本質を見抜く目」を養うのが重要であると考えられます。

これは不思議な現象ですが、株式投資を始めようとしている方の多くは小手先のテクニックを身につけようとします。そういう私も最初はテクニカル分析やチャート理論など、株で儲けるためのテクニックを身につけようと勉強をしていました。


はっきり言います。

長期投資をするのであれば、小手先のテクニックは意味がありません。

テクニカル分析という言葉をご存知でしょうか? テクニカル分析とは、個別銘柄の将来性を分析する方法ではなく、過去の株価や出来高な推移などを分析して将来の株価を予測するという方法になります。

チャートのテクニカル分析で利益を上げている方もいらっしゃいますが、このような小手先のテクニックを身につけるのではなく、「株式投資の本質」に目を向けないといけないのです。

株式投資の本質とは、「株の将来性を分析して、未来の株価を予測する」という行為になります。

チャート解析は過去のデータを基にしています。過去のデータを参照するのは重要ですが、大切なのは過去ではなく未来です。いくらチャートの動きを分析しても、企業の経営方針や利益体質を分析しなければ株式投資で勝てないのです。

チャートの動きを分析して、傾向を見出すチャートの法則という言葉があります。

しかし、チャート分析にハマっている人ほど株の本質を捉えることができません。チャートの動きを解析しても個別企業の価値を知ることはできないのです。チャート分析はあくまでも「チャートの動きを予測する」という意味になるため、個別銘柄の将来性を推し量る手段として最適ではないのです。

初心者の方はテクニカル分析やチャート解析など、小手先のテクニックに走ってしまう傾向があります。このようなテクニックを覚えても役に立ちません。役に立たないどころか、テクニックに溺れて株の本質を見失う結果に繋がるので不要な知識であると断言することができるのです。

過去の株価の動きを参照して、会社の将来性が分かるのでしょうか?

分かるわけがないのです。株価の動きで会社の将来性を分析することができるのであれば、銀行は「株価の動きを参照して、融資をする」という手段を採用しているはずです。そんなバカなことをする銀行はありません。

株価が値動きするための法則は確かに存在しますが、それは企業の本質を見抜く行為に繋がりません。「株価」に捉われすぎて企業の本質を見失っている人が多いので、株式投資で負ける人が後を絶たないのです。


株式投資で負ける人の多くは、企業分析をおろそかにしています。企業を分析するのではなく、チャートの動きや株価の推移傾向ばかりを重視しているので、いつまで経っても企業を分析する能力を伸ばすことができません。

株価は虚像です。

株価の推移が利益に直結するのは確かですが、株価が全て正しいとは限らないのです。株が割安で売られていたり、高い値段で売られていたりするのを見ても分かるとおり、現在の株価は企業価値を忠実に再現しているとは言い難いのです。

初心者の多くが小手先のテクニックを身につけようとするのは、情報を取り入れる場所を間違っているからです。

株式投資の本を見ても「チャート分析」や「テクニカル指標の極意」といった技術論ばかりを重視しています。技術は確かに重要ですが、技術よりも身につけなければいけないことがあるのです。株式投資で儲けるための王道理論は、「企業の将来性を予測する」という行為です。

過去のチャートをいくら睨みつけても企業の将来性を推し量ることはできません。

また、初心者の方がテクニックを身につけると、株式投資のテクニックに溺れてしまう可能性が高いのです。つまり、自分の得た知識を利用してお金を儲けようとするので、結果が伴わないで負けてしまうパターンが多いのです。

テクニカル分析を頑張っても企業の本質を見抜くことはできません。テクニカル分析は意味が無いのです。テクニカル分析はあくまでも「株価の推移を予測する」という行為であり、株式投資で儲けるために重要となる「株の本質価値を知る」という情報を見抜くことはできないのです。

小手先のテクニックを身につけている人ほど、テクニック崇拝者になって株式投資で負ける傾向があります。株の長期投資で勝ち続けたいと思っている方は、小手先のテクニックに頼らないようにしましょう。


スポンサードリンク