勝つためには土台作りが重要

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝ち続けるためには土台作りが重要になります。

土台作りとは一体どのようなことを指すのでしょうか? 以下の例は土台作りの参考になるかと思われます。

1,余裕資金の確保

余裕資金を確保するのは土台作りをする上で重要です。というのも、株式投資は余裕資金の範囲内で行なうのが鉄則となるため、いかに多くの余裕資金を確保できるかが鍵になるのです。

余裕資金に該当しない生活費や養育費を株式投資に使用してしまうと、自分の生活に支障をきたしてしまいます。できるだけ自分の生活に影響がないお金を確保することが重要になります。

2,周囲の理解

株式投資で勝ち続けるためには周囲を味方にするのが大切になります。せっかく株式投資で儲かっているのに、恋人や家族の理解が得られなくて株式投資をやめてしまうというのは非常に勿体ない行為です。

周囲が株式投資に対してある程度の理解を示してくれれば、株式投資で勝ち続けることができるようになります。これは株式投資で利益を上げ続けるための土台作りだと言えるのです。


3,安全資産の確保

株という金融商品は非常に流動性が高いので、毎日資産価値が変動してしまいます。そのため、株だけではなく別の金融資産を保有することによって安全資産を確保することができるのです。

この安全資産は株式投資で損失を出したときに非常に役立ちます。あらかじめ、株式投資に使用できる資金を自分の中で決めておいて、安全資産を確保できるように努めるのが良いでしょう。

安全資産と株式投資はわけて考えるのがお勧めです。

4,定期的な収入の確保

これはサラリーマンの方であればクリアしている条件です。株式投資で資産を増やし続けるためには定期的な収入が必須条件になります。

毎月株を買い続けることによって資産が増えていき、その資産が新たなお金を生み出してくれます。

これは株式投資で勝ち続けるために必須となる条件です。

将来のことを考えて株式投資を始める方も多いのですが、そういう方は毎月継続投資を行なうことを忘れないようにしましょう。定期的な収入はあなたの投資ライフを支えてくれる味方になるのです。

このように、株式投資で勝つためには土台作りが重要になります。

逆に言えば土台がしっかりと築かれていれば株式投資で勝ちやすくなるのです。

すぐに土台を作るのは無理だとしても、少しずつ資産を増やしていけば土台作りは容易になります。株式投資で勝ち続けるために、土台作りを怠らないことを強く意識していきましょう!


スポンサードリンク