無駄な株取引を止めるメリット

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝ちたければ、無駄な株取引を止める必要があります。

多くの方は利益を得るために頻繁に株を売買しようと躍起になります。実はここに勝てない原因が隠されていることに気づいていないのです。


株式投資は自己資金との勝負です。投資資金が多ければ多いほど不労所得は増えていきますが、無駄に株を売買するのは自分の大切なお金をすり減らしていくと考えてください。株を取引するときは手数料がかかります。この手数料は塵のような存在で、1回の売買であれば500円もかからないことが多いのです。

取引株数や証券会社によって売買手数料は異なりますが、仮に株を売買するときの手数料が1回500円だと考えると、10回株を売ったり買ったりするだけで5000円のお金を支払う必要があるのです。まさに、塵も積もれば山となる典型的な例です。

5000円利益を出すためにはどうしたらいいでしょうか? 

少なくとも、5000円以上の売却益を出さなければ株式投資で勝てません。無駄な株取引を続けると、利益を得るのが難しくなってしまうのです。支出が増えれば増えるほど、ゲットしなければいけない利益も増大していきます。

無駄な株取引を止めることによって、株取引の売買手数料を最小限に抑えることが可能になります。株で儲けるための必要な利益が少なくても黒字を出すことが可能になるので、初心者の方は「支出を減らす方法を選択する」ことから始めた方が株式投資で勝ちやすくなるのです。

証券会社の営業マンの言いなりになって株取引をしている方が一向に勝てないのは、ここに原因があります。手数料を上回る額の利益を出すことができないので、株式投資で儲けることができないのです。

「たかが手数料でしょ? そんなに気にしなくても良いんじゃ……」という意見も存在します。

しかし、ビジネスの基本は「たかがと思われる支出を減らす」ことであると認識してください。企業が節約や節電に努めるのも、基本的な支出を減らすためです。無駄な支出を削減して最大限の利益を得るための戦略を立てるのはビジネスの基本ですが、株式投資になると多くの方が「支出を削減する」という意識が頭から消えてしまいます。

特に手数料の高い中国株やベトナム株に手を出している方は、手数料の存在を無視することはできないでしょう。日本株であればそこまで手数料がかかることはありませんが、何度も株取引をしていると手数料の支出が大きくのしかかってしまいます。

私が株の長期投資を推奨するのも、「無駄なお金がかからない」というメリットがあるからです。

証券会社は手数料を通じて利益を上げているため、お金を持っている顧客に対して手数料収入が多く見込める金融商品を勧めます。「手数料による収入を得たい」と考えている証券会社の意見を信じて株式投資を始めても、勝てるわけがないのです。

無駄なコストを削減することができれば、株式投資で勝ちやすくなります。1度買った株はよほどのことがない限り売却しないように努めてください。

少し含み益が生まれただけで株を売ってしまう方もいらっしゃいますが、手数料による支出を抑えたければ莫大な含み益を生み出すまで株を保有するのが得策になります。


スポンサードリンク