情報の質の見分け方

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝ちたければ、良い情報だけを取り入れる必要があります。

現代は不完全な情報が多く出回ったり、信憑性の薄い情報がネット上で転がっていたり、情報は良いものと悪いものが入り混じっています。株式投資で勝つのに重要なのは「質の高い情報を見分ける能力」になるのです。


質の高い情報だけを取り入れて自分の糧にしていけば、株式投資で勝つためのマインドも身につけやすくなります。情報を味方にするのは株式投資で勝つために必須となるのです。

では、質の高い情報とは、どのような情報のことを指すのでしょうか。

1,きちんとしたデータが提示されている

データが提示されている情報は質の高い情報に分類されます。

これは株式投資に限ったことではありませんが、情報を取り扱う際に重要となるのが「情報の信憑性」になります。その辺の個人サイトが記載している情報よりも、大手メディアが取り扱っている情報の方が信憑性が高いと認識している方もいらっしゃいます。

しかし、情報の質を見分けたければ、データを意識するようにしてください。

例えば統計データを基にして何らかの意見を述べている場合、統計データの根拠を示しているのが質の高い情報になります。

「少子高齢化が進んでいる日本は、未来がない」

上記の意見を述べたい場合、少子高齢化が進んでいるデータを提示するのが一般的です。きちんとしたデータが開示されてある情報は、質が高いと認識することができます。

もちろん、データが開示してあっても支離滅裂な意見を述べている記事は情報の質が高いとは言い切れません。その辺りの判断が非常に難しいのです。

2,メリット、デメリットが提示されている

物事には必ずメリットとデメリットが存在します。

これは株式投資も同じであり、質の高い情報ほど「物事の良い面と悪い面」を載せているのです。

例えば、ネット上で物を取り扱っている人は自分のサイトから情報教材を買って欲しいと思っているので、情報教材を紹介するときは良い面ばかりを強調する文章を載せています。

サイトに訪れた人たちの購買意欲を刺激するための文章を載せ、商品のメリットばかり書いている人が多くいらっしゃいます。

しかし、信憑性の高い情報は物事を両方から分析している文章になります。良い部分も紹介しつつ、悪い部分も的確に指摘している情報が質の高い情報に該当します。

株の掲示板を覗くと、「買い煽り」をしている人を多く見かけます。買い煽りとは、特定の株を他の人が購入するように仕向けて、その株の株価を上げるように情報操作している人のことを指します。

面白いことに、買い煽りをしている人のほとんどが「株の良い部分」しか提示していないのです。

「業績が伸びている株だから今買うべきだよ!」

「良いねーこの株。この業界は今後も成長し続けるだろうし、一攫千金を狙いたければたくさん株を買っておくべきだな」

上記のように、株の良い部分だけをまとめて情報を発信している人は多くいらっしゃいます。言うまでもなく、このような情報は質の低い情報に該当します。

株式投資で勝ちたければ、物事の本質を分析する能力を養った方が良いでしょう。良い情報と悪い情報を検索して、情報の質を見分けるようになるのがお勧めです。

質の高い情報だけを取り入れれば、株式投資の勝率は驚くほど向上します。

情報に溢れた現代社会だからこそ、情報の質の見分け方を重視する必要があるのです。


スポンサードリンク