ネガティブは悪いことじゃない

LINEで送る
Pocket

ネガティブは良くない、ネガティブな考え方は早急に改善しなければいけない。という風潮が世間で広まっていますが、株式投資に限って言えばネガティブは悪いことではないのです。

もちろん、株式投資で勝つためにはポジティブに物事を捉える考え方も必要不可欠になります。しかし、ネガティブにはネガティブの長所が存在します。では、ネガティブな考え方は株式投資でどのようなメリットがあるのでしょうか?

1,リスクについて考えることができる

これが一番のメリットだと言えるでしょう。株式投資はリスクがつきものなので、失敗したときのリスクを考えることができるのは長所だといえます。また、リスクを最小限に減らすためにどうしたら良いのか考えることができるので、ネガティブな考え方はリスクを抑える上で役立つのです。

例えば、リスクの高い株取引を行なおうか悩んだ場合、リターンよりもリスクの方が大きいと判断すれば株取引を止めるのが賢明です。

このように、ネガティブな方はリスクについて真剣に考えることができるので、自分の資産を減らす可能性が低いのです。


2,自分の資産を大切に扱うことができる

株式投資で勝つためには自分の資産を増やすための戦略を取らなければいけません。つまり、資産を減らさないことが絶対条件になります。資産を減らした場合、その時点で負けが確定してしまいます。

ネガティブな方はリスクの高い取引を避ける傾向が強いのです。考え方を変えると、自分の資産を大切に扱うことができる人だと捉えることができます。これは思慮深い性格であると言い換えることも可能です。

3,慎重に考えることができる

株式投資を続けているとその場の流れによって、大胆な株取引を行なってしまう場合が多々あります。しかし、そういうときは一回だけ深呼吸をするのがお勧めです。

深呼吸をして、本当にこの株を購入するのは自分にとってメリットがあるのか慎重に考えるのがお勧めです。

ネガティブな方は行動力に欠けるというデメリットがありますが、慎重に行動することができるという意味で考えると長所になります。

株式投資で勝つためにはポジティブな考え方と、少しだけネガティブな思考が重要になるのです。リスクを承知した上で株式投資を始めるのが一番望ましいのです。


スポンサードリンク