株式投資は絶対に諦めないことが重要

LINEで送る
Pocket

株式投資で絶対に儲けたいという意気込みがある人は、諦めないことを意識してください。


これは精神論でも何でもなく、諦めなければほとんどの人が株式投資で儲けることができます。そのからくりを詳しく説明させていただきます。

【諦めなければ儲かる理由】

1,株式投資は、時間をかければ儲かるシステム

配当金の出る株を買うという条件つきになりますが、基本的に時間をかければかけるほど株式投資で儲けることができます。

チャートを見ていただくと分かりやすいのですが、株価というものは上がったり下がったりするのが常となります。一時的に株価が下がっても、時間の経過と共に株価が元通りになるのはよくあることです。業績が悪化しても、延々と株価が下がり続けるわけではありません。

この事実を本質的に捉えると、株式投資は簡単に儲けられることに気づきます。

株価が下がっても配当金の支払いを維持する企業は意外と多いのです。安定配当を支払っている株を購入し、長期的に株を保有し続ければ誰でも簡単に儲けることができます。

株価の推移は気にしないでください。含み損を抱えてしまったら、配当金で含み損をカバーする戦略を貫けば収支はプラスになります。時間を味方につければ株式投資で儲けるのは難しくないのです。

多くの方はすぐにお金を儲けようとするので、株式投資で勝つことができません。他の人がやらないことをやって大金を得るのは、ビジネスの基本原則になります。

配当金収入を頼って、長期間株を保有し続ける。

これが株式投資で勝つためのセオリーになりますが、この原則を守っている人は意外といません。将来の利益よりも今のお金を重視するため、じっくりと待って利益を出すことを意識できない人が多いのです。

2,諦めなければ簡単に儲かるのが株式投資の長所

諦めないという意味を勘違いすると困ってしまうのですが、毎日努力しろという意味ではありません。毎日企業分析をしたり、株価の推移を調べたりする必要はないのです。

諦めない=株を保有し続ける。

こういう風に考えていただくと分かりやすいでしょう。

あなたの努力はほとんど必要としないのです。ただ株を長期間保有すれば、それだけで利益を出すことが可能です。これが株式投資の大きな魅力になるのですが、利益が出るまでに時間がかかるというデメリットが存在します。


配当金の出る株を長期間保有しているだけで、大きな利益を得ることが可能です。配当利回り5%の株を20年間保有し続ければ、購入した当時の株価に匹敵する利益を得ることができます。

例えば、1株辺り2000円で売られている株を2000株購入したとします。配当利回りが5%の場合、2000株の資産価値は合計400万円になります。年間の配当金は20万円です。

単純計算で20年間株を保有すれば、総額で400万円の配当金を受け取ることが可能です。税金を差し引くと約320万円になってしまいますが、それでも莫大な利益であることに違いはありません。

もし、20年後も2000円の株価を維持していた場合、売却益がゼロでも320万円の利益を得ることができます。こういう風に考えると、短期間の売却益だけにこだわる必要がないことを理解していただけると思います。

配当金が減配したり、無配になってしまったり、上場廃止したり、株には数多くのリスクが存在するのは事実です。しかし、分散投資を心がければ配当金収入がゼロになることはほとんどありません。

また、株の配当金を再投資に回せば収入はどんどん増えていきます。

年間20万円の配当金を配当利回り5%の株に全額再投資すれば、新たに1万円の不労所得が手に入ります。こういう風に、時間をかけて投資金額を増やし続ける方針を貫けば簡単に儲けることができるのです。少し泥臭いやり方かもしれませんが、この方法は堅実に儲けられる手段になります。

しかも、上記の意見は机上の理論ではありません。

私がすでに実践して成功を収めています。

たった40万の投資資金しかなかった私が2年間で330万円の株資産を手に入れたのも、上記の戦略に沿って株式投資を続けていたからです。

絶対に諦めなければ、株式投資で勝つのは難しくありません。これは理論で証明されているので、大暴落が発生しても諦めないことを意識してください。


スポンサードリンク