古い情報にも意味がある

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝ちたいという強い勝利意欲がある方は、古い情報も積極的に取り入れるようにしましょう。株式投資というと、新しい情報だけが価値があるように思われますが、昔から伝わる不変的な情報も大きな価値があるのです。

例えば、株式投資の格言はとてもためになる良い情報になります。

「休むも相場」

「損せぬ人に儲けなし」

「買い上手より売り上手」

これらの格言は現代においても通用する質の高い情報になります。元々株式投資というものは、昔から伝わるノウハウが現代に活かされていることがほとんどなので、昔の情報を調べるのは自分の勝率を上げるのにとても有効です。


また、古い情報を調べることによって新しい価値観や戦略を作り上げることも可能です。例えば、現代ではインターネットの発達によって短時間で何度も株を売買できるようになったため、デイトレードという戦術が発達しました。

デイトレードで株取引をすれば短期間でお金を稼ぐことができます。しかし、デイトレードという手法を知っていても勝つ方法を知らなければ株取引で利益を上げることはできません。

そこで役に立つのが昔から伝えられている古い情報です!

「買い上手より売り上手」という格言は現代の手法として伝わるデイトレードにおいて、とても役立つ格言だといえるでしょう。デイトレードで勝つためには株を買った値段より高く売らなければいけないので、売り上手の人ほど儲けやすいのです。

このように、最新の手法と古い情報を組み合わせて新しい戦略を生み出すことは株式投資で勝つためにとても有効になります。

また、株式投資で勝てない時期が続いたら先人の知恵を参考にするのが良いでしょう。先人の知恵は古い情報に集約されていることが多く、様々な株式投資の情報を仕入れていくのは必ず自分にとってプラスになるのです。


スポンサードリンク