投資家によって意見が異なる理由

LINEで送る
Pocket

数多くの投資家の話を聞いていると人によって正反対のことを言っているのが分かります。

ウォーレン・バフェットは「絶対に損をしない」ことを主張し続けており、スイングトレードで何百億も稼いだB・N・Fは「素早く損切りすることが大切」と述べています。


なぜここまで主張が食い違うのでしょうか?

簡潔に答えを言ってしまいますが、「株式投資の成功法則は1つではない」のです。

損切りして資金を回転させて荒稼ぎするB・N・Fのような人間もいれば、損することを徹底的に避けて長期投資を実行するウォーレン・バフェットのような偉人もいます。どちらの手法も正解であり、株式投資は結果を出せばそれで良いのです。

私は投資スタイルにこだわらず、株の個性を見抜いて株にあった戦略を当てはめることを得意としています。

例えば最近買ったTBK(7277)という株はスイングトレードや中期投資を通じて売却益を狙う戦略が向いています。それはTBKが割安性に長けているからであり、TBKが安定した業績を維持している高配当株だったら配当金狙いの投資狙いが適しているのです。

株によって投資スタイルを変えるのが私が編み出した独自理論になりますが、私の意見はバフェットやB・N・Fの主張と異なります。

株式投資で儲けるために重要となるのは「自分に合った投資スタイルを確立すること」です。様々な投資家の意見を参考にしてどのスタイルが自分に合っているか試してみることをお勧めいたします。

私はデイトレード否定派ですが、デイトレードを実践したことがあります。

デイトレードで儲けるのが悪いという内容を主張したいのではありません。「デイトレードで儲けるのは素人だと難しいですよ」ということを伝えたいのです。デイトレードで儲けるための勉強をするくらいなら、割安株や優良株を見抜いて投資した方が安全に確実に儲けられます。

私の投資理論は地味です。

「負けないこと」を重点に置いているので、爆発的な利益を出す手法だと評価することはできません。しかし、株の特性を見抜いて投資スタイルを変えるので日経平均株価の動きに惑わされないで利益を出すことができます。

日経平均株価が高くても割安株を見つける能力が私にはありますし、その情報をシェアしてあなたに儲けて欲しいと本気で願っています。このサイトが存在するのも「多くの投資家に利益を上げて貰いたい」という願望があるからです。

しかし、私の「株の特性を分析して投資スタイルを変える」という手法があなたに合わなければ、私の言っていることは無視した方が良いです。

デイトレード派だったらデイトレードに精通している人の意見を聞いた方が良いですし、長期投資家を志している方はバフェットの意見を参考にして株式投資を行なうべきです。

私は「初心者の人でも儲けられる投資スタイル」を1番に意識しているので、玄人や株のプロにとって私の投資手法は地味だと評価されても仕方ないのです。

株式投資で儲けたければ、「自分と相性の良い投資家の言うことを聞く」ようにしましょう。


スポンサードリンク