計画、実行、確認が大切

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝つという目標を達成したければ、最初に計画を立てることを意識してください。


計画は成功するための基本であり、計画自体が破綻していると株式投資で勝つことはできません。計画をしっかりと練るのは株式投資の勝率を高めるために有効なので、株を買う前に「どのようにして儲けるか?」という具体的な計画を立てることをお勧めいたします。

計画を立てた後は実行が大切になります。たまに計画を立てただけで満足する人もいらっしゃいますが、それではいけません。

物事を成功させるのに実行は不可欠になります。行動しなければ成功する可能性はゼロなので、計画を立てるのが難しいという人は行動することから始めても良いのです。

計画は株式投資の勝率を高めるために重要で、実行は株式投資で勝つために必須となるのです。行動力のある人ほど株式投資で勝ちやすいのは、「行動するだけ多くのチャンスを掴むことができる」からです。

計画を立てて実行した後は自分の行動を確認しましょう。本当にその行動が正しいのか確認すれば、間違った行動も容易に修正することができるのです。

どんな計画にも穴はつきものです。

また、計画が秀でていても行動しているうちに当初の目的からずれてしまうことはよくあります。目標を軌道修正するために自分の行動を確認するのは非常に重要で、原点に戻る意味でも確認は役立ちます。

最初は長期投資を通じて不労所得を増やそうと計画を立てていたのに、短期で利益を出せるデイトレードに惹かれてしまうことはよくあります。

当初の計画と異なる方向に進んでいる場合、なぜそうなったのか原因を分析する必要があります。現状を確認することによって結果を分析することができるので、「自分の行動は正しいのか?」という意識を常に抱く必要があるのです。

株式投資で勝つためには、上記の3つのステップを踏む必要があります。どれか1つ欠けてしまうと株式投資で勝つのは難しくなってしまうのです。

その中でも重要なのは、「実行」という部分です。多くの人は計画を立てても実行に移すことができません。リスクを過度に気にしすぎてしまい、なかなか行動に移る勇気を持てないのが原因になります。

優れたプランが存在しても、実行に移すことができなければ「絵に描いた餅」になってしまいます。

計画は思考力、実行は勇気、確認は洞察力が必要になります。全ての能力を完璧に取り揃えるのは難しいのですが、勇気があれば成功するチャンスを掴むことは可能です。

最初は計画を練らないでとりあえず行動し、株式投資の結果を通じて少しずつ学んでいくのもお勧めです。どうしても行動する勇気が持てない人は、リスクを背負うのがお金持ちになる道であることを理解した後に株式投資を始めましょう。


スポンサードリンク