株式投資は継続して儲けることが重要

LINEで送る
Pocket

株式投資は継続して儲けるのが重要になります。


私は長期投資を強く勧めていますが、そもそも長期投資が優れているのは「継続して儲けることが可能」だからです。短期売買にこだわった投資や、売却益だけを狙った投資は継続して儲けることができません。

考えてみたら当たり前の話ですが、安い値段で株を買って高い値段で株を売るのは「1回しか儲けられない行為」です。株を売ったらその時点で利益が確認しますが、継続的な収入を得ることができません。そうではなく、継続して儲けることを考えるようになれば株式投資で儲け続けることが可能になるのです。

難しいことを言っているように感じるかもしれませんが、とても簡単です。株の売買で稼ぐよりよっぽど難易度が低いでしょう。なぜなら、株を保有していれば継続的収入を受け取ることができるからです。

株は配当金という素晴らしい収入が存在します。この配当金は「株を持っていれば誰でも受け取れる収入」です。つまり、継続的に株式投資で儲けたければ株を保有し続ければ良いのです。それ以上でもそれ以下でもありません。何も考えないで株を保有すれば良いのです。

株式投資で売却益を得るのもとても重要ですが、結局売却益というものは1回限りの収入に限定されてしまうのです。

株を売った後はまた新しい株を選別して利益を上げなくてはいけません。専業投資家ならともかく、他の仕事がある兼業投資家やサラリーマン投資家が株価の推移をジッと見つめ続けるのは現実的ではありません。

継続して儲けることができれば時間の余裕を確保することができます。また、本業の収入が途絶えても株の収入が継続的に存在すれば精神的にも楽になるのです。多くの方は売却益による利益を重視していますが、「長く儲け続けるためにはどうしたら良いか?」という思考を身につけることが重要になるのです。

どのビジネスも長く儲け続けるのは大変です。

しかし、株式投資というジャンルは違います。長く儲け続ける手段を選んだ方が株式投資で勝ちやすく、安定的に儲けることができるのです。

デイトレーダーは1回の取引で何千万もの大金を動かすことができますが、それは投資資金が豊富にあるからです。そもそも何千万もの大金を動かせるのであれば、そのお金を長期投資に利用して継続して稼ぎ続ける手段を取っても問題はないでしょう。

継続して稼ぐのは「自分の収入を安定させる」ために重要となります。短期間で結果を出すことに注目しても良いのですが、私は継続して儲けることが重要であるという意識を高めてほしいと願っています。

株式投資は勝ちやすい手段を採用するのが1番効率的に儲けられるのです。


スポンサードリンク