費用対効果を意識して株を買う

LINEで送る
Pocket

株式投資で効率的に儲けたい人は、費用対効果を意識して株を買ってください。


費用対効果とは、支払ったお金に対してどれだけの効果があるかという意味になります。費用対効果が高い株ほど「儲けるのに適した株」ということになるため、費用対効果を重視して株を買うのはとても重要です。

例えば、あなたは配当金狙いで株に1000万円投資しているとします。

しかし、持ち株全体の配当利回りが1%で毎年10万円の不労所得しか入らないのはコストパフォーマンスの悪い投資を行っていることになるのです。

もし、配当利回りが5%の株を買い集めていたらどうなるでしょうか?

配当金の合計額は50万円になります。1000万円の投資資金は変わらないのに多くの配当金を受け取ることができます。配当利回り5%の株は配当利回りが1%の株と比べて費用対効果が高いのです。

1000万円株に投資して年間で50万円受け取るのと、毎年10万円得るのとではどちらが効率良く儲けられていますか?

そう、株式投資で儲けるのに重要なのは費用対効果です。費用対効果の高い株を買い集めれば投資資金が少なくても効率良くお金を稼ぐことが可能になります。

費用対効果を重視するという理論は株式投資以外でも通用します。

例えば株以外の金融商品が欲しい場合、株式投資と比較して費用対効果が高いかチェックしてみましょう。金投資やプラチナ投資は投資先の対象として優れていると言われていますが、何も考えないで保有しているとお金は入ってきません。金やプラチナを買って放置していると費用対効果はゼロです。

しかし、株は保有していると配当金を支払ってくれます。この場合、株式投資は金投資やプラチナ投資と比較して「費用対効果が高い投資」ということが分かります。売却益も費用対効果に含める場合計算が少々変わってしまいますが、基本的に株式投資は費用対効果に優れた投資になるのです。

株主優待による利益、配当金の支払い、売却益、貸し株利益、これらの利益を合計すると株式投資は素晴らしくコストパフォーマンスが良い金融商品に該当するのが分かります。

しかも株は税金面で優遇されているので、FXと比較しても費用対効果が高いことが分かります。


株式投資で得た利益は総合課税や申告分離課税などが選択できるため、自分が有利になるように税金支払の種類を決めることができるのです。

【費用対効果を意識しないのは非常に勿体ない】

費用対効果を意識しないで株を買っている人は効率良く儲ける手段を捨てていると思ってください。費用対効果を意識していない人は、下記のような買い方をします。

1,企業のネームバリューだけを見て株を買う

会社の知名度だけを評価し、費用対効果を無視している人は効率の悪い資金運用を行っていることになります。知名度が高いから長期保有しても安心という理由でトヨタ自動車(7203)や任天堂(7974)の株を買う人も多いのですが、本気で儲けたかったらネームバリューに惑わされないでください。

トヨタ自動車や任天堂の株を買うなと言っているわけではありません。効率良く儲けるために重要なのは「自分が最大限の利益を得られる株」を買うことです。あなたにとって任天堂やトヨタ自動車が1番多い利益を与えてくれるでしょうか?

配当金狙いなら配当利回りの高い株を買い、売却益狙いなら成長率の高い株を買ってください。これは費用対効果を意識した株式投資の基本になります。

会社の知名度が優れているから費用対効果も高いとは限りません。むしろ全く関係ないケースが多いので、ネームバリューの強さが儲けに繋がるとは考えないでください。

2,とりあえず儲かりそうな株を買う

儲かりそうな株を買う。これは結構なことですが、そもそもどの戦略を採用して儲けたいのか考える必要があります。

例えばデイトレードで稼ぎたいのに配当利回りの高い株を買っても無意味です。配当金を受け取るまで株を保有しているわけではないので、デイトレード狙いの利益と配当利回りは全く関係がないのです。

逆パターンも存在します。配当金狙いで株を買っているのに、配当額が少ない株に投資をしても不労所得はほとんど増えません。

自分の戦略を見つめ直し、戦略に合った株を買うのが重要になります。それに加えて費用対効果を意識して株を買えば資産はどんどん増えていくのです。

とりあえず配当金を支払っている株を買っておけば儲かるという意見は間違っていませんが、効率の悪い稼ぎ方に該当する事実は拒めません。

少ない投資資金で大金を手に入れたければ費用対効果を重視する必要があるのです。


スポンサードリンク