高配当株を手に入れるメリット

LINEで送る
Pocket

配当金狙いの投資で儲けたければ、高配当株を多く揃えるのが儲けるためのコツになります。配当利回りが高い株を重点的に選び、効率良くインカムゲインを得るシステムを築いていきましょう。


私は配当金狙いの株式投資を強く勧めています。多少株価が下がっても高配当株であれば株価の下落に頭を悩ませる必要はありません。高配当株は配当金収入を通じて株価の下落をカバーすることもできるので、初心者の方でも勝ちやすいのが「高配当株戦略」になります。

高配当株の基準は人によって異なりますが、できれば配当利回り5%以上の株を取り揃えた方が良いでしょう。

配当利回りが3%程度でも高配当株と定義している方もいらっしゃいますが、より多くの配当金を狙いたければ配当利回り5%が基準になると考えてください。配当利回りが5%以上あって黒字経営を続けている会社は長期投資にうってつけです。

【高配当株を手に入れるメリット】

1,不労所得を多く確保できる

投資資金が多くても配当利回りが低すぎる株ばかり保有しても莫大な利益を手に入れることはできません。配当利回り=インカムゲインの収益率」と考えると分かりやすいでしょう。配当利回りだけにこだわるのはお勧めできませんが、高配当株を重視する戦略を立てる場合配当利回りを無視することはできません。

財務体質が健全で配当利回りも高い株は「高配当資産株」として活躍してくれます。不労所得を増やすのに越したことはないので、不労所得を増やしたい方は高配当株を入手するように意識しましょう。

2,キャピタルゲインに頼らない投資ができる

株式投資の収入の幅を狭める必要はありません。売却益狙いの投資に徹するのも良いのですが、配当金・株主優待という新たな収入の軸を築くのはリスク分散として役立ちます。

売却益だけにこだわってしまうと予想が外れたときに大損害を被ってしまいます。

「絶対に株価が向上すると思ったのに、株価が下がってしまった……」

上記のような経験を味わったことがある方は大変多いのです。

高配当株であれば、株価が下がっても問題はありません。株価が減少しても配当金が変わらなければ安定した配当金収入を手に入れることが可能になるからです。

高配当株の株価が向上することもよくあるので、自分の予想以上に株価が上がったら売却すれば良いのです。私は高配当株をたくさん確保して配当金収入を増やし、株価が上がったら売却するというスタイルを貫いて、たった40万円しかなかった資産を300万円以上増やすことができました。

高配当株は自分の味方になってくれる存在です。

味方の数は多ければ多いほど良いので、高配当株に特化した戦略を練るのは初心者の方にもお勧めです。


スポンサードリンク