配当利回りを基準に株取引をする

LINEで送る
Pocket

配当金戦略を採用している方に朗報です。あなたがたくさんの配当金を受け取り続ける方法が存在するのです。

それは配当利回りを基準にして株取引を行なう方法です。


高配当株を中心に資産を形成するのはとても良いことです。不労所得を増やす手段として有効ですし、多くの不労所得を得れば自由な時間を手に入れることができます。

しかし、買った株の配当利回りが下がってしまうというリスクから逃れることはできません。ネガティブな要因を通じて配当利回りが下がることもありますが、ポジティブな理由で配当利回りが低下することもあるのです。

例えば、株価の値上がりが配当利回りの低下に繋がることはよくあります。

1株1000円で買った株の配当利回りが5%だとします。この場合、1株あたり50円の配当金が受け取れるので高配当株として活躍を期待することができます。

しかし、この株が値上がりを続けて1株の株価が2000円になったらどうでしょうか? 配当額が変わらない場合、配当利回りは2.5%になります。せっかくの高配当株が普通の配当利回りになってしまうのです。

このまま保有を続けていも良いのですが、効率良く儲けたければ別の高配当株に乗り換えることを検討してください。配当利回りの下がった株を売却し、新しい高配当株に乗り換えるのです。

この方法は私も実践したことがありますが、大変有効です。なぜなら今保有している株を売却することによって大きな売却益を手に入れることができますし、売却した投資資金を通じて新しい株を購入すれば追加資金を投入しなくても配当金を増やすことができるからです。

株を長く保有し続けていると増配という嬉しいニュースが飛び込むことがありますが、増配を期待しないで自分の力で配当金を増やす手法も存在します。

それは今持っている株より高い配当利回りを維持している株を購入するという方法です。

これは配当利回りを基準に株式投資を行なうということになりますが、インカムゲインを最大限に重視している方は配当利回りに気を配ってください。

株価が向上し続けると配当利回りは下がります。この現象を上手く活かせば、「売却益を手に入れて配当金収入を増やす」という素晴らしい結果を手に入れることができるのです。

もちろん、投資先を選定するときは「高利回りで決算が安定している株」を選ぶ必要があります。配当性向が定められている株は業績によって配当額が変動するので、主力として期待するのは危険です。

会社の業績が悪くなると配当額も下がり、株価も下がってしまうからです。

新たな高配当株に乗り換えるときは、「安定配当を維持している株」を狙うのが理想です。これは短期間で結果を求める機関投資家にはできない手法になりますが、個人投資家であれば十分に通用する優秀な戦略になります。

配当金狙いの株式投資でも売却益を捨てる必要はありません。「配当利回りが減ったら株を売る」という決断を下しても問題ないのです。私は長い間株式投資を続けてきましたが、どんなに不況になっても好況になっても必ず高配当株は存在するという事実に気づきました。

現在の持ち株が値上がりしすぎて配当利回りが減ってしまったら、勇気を持って売却しましょう。

新しい高配当株に乗り換えることにより、あなたはより多くの配当金を手に入れることができます。


スポンサードリンク