配当金が少ないと感じる理由

LINEで送る
Pocket

配当金狙いで株式投資を始めたのに、思ったより配当金が少ないと嘆く人はたくさんいらっしゃいます。そういう人のほとんどは、投資額が少ないか、配当利回りの低い株を買っているかの2択になるのです。


例え1000万円の投資資金があったとしても、配当利回りが1%の株しか保有していなければ年間の配当金は10万円にしかなりません。10万円の不労所得をバカにすることはできませんが、投資金額と比較して配当額が物足りないと感じるのは投資する銘柄が悪いからです。

配当利回りを重視していない人も多いのですが、配当金狙いで儲けたければ絶対に配当利回りを意識してください。高配当株を狙いたければ3%の配当利回りが最低ラインです。

できれば5%の配当利回りを維持している株を買った方が良いのです。

今まで配当利回りが1%の株しか持っていない人が配当利回り5%の株に乗り換えると、単純計算で配当額が5倍になります。

今まで10万円の配当金しか貰えなかった人が高配当株に投資するだけで50万円の不労所得を受け取れるようになるのです。

%という単位だと数字の推移が分かりにくいので配当利回りを意識することも少ないのですが、配当金を増やしたければ配当利回りの高い株を買うようにしてください。配当利回りの低い株をいくら買い集めても、豊富な投資資金がない限り配当金収入を大幅に増やすのは難しいのです。

【投資資金が少ないと配当額も少額】

株に1000万円投資している人と100万円投資している人では配当額が大幅に変わります。いくら高配当株を買い集めたとしても、100万円の投資資金だと多くの配当収入を受け取ることはできません。

お小遣い程度に株式投資で儲けることは可能ですが、大きく稼ぎたければ投資資金を増やすのが重要になります。

特に配当金狙いの投資というものは「資本力」が重要なテーマになります。投資資金が多ければ多いほど収入が増える仕組みになっているので、たくさん不労所得を受け取りたければ投資資金を増やすのが手っ取り早い解決策になるのです。

高配当株を買い集める戦略を貫きつつ、投資金額を地道に増やしていくのが配当金狙いで儲けるためのコツになります。この手法は地味ではありますが、多くの人が儲けられる最良の手法です。

「配当利回りの高い株をたくさん買う」のが配当金を増やすための結論になります

結局投資金額が重要という事実にたどり着きますが、悲観してはいけません。

例え投資資金が10万円しかなくても、配当利回りが5%の株を買えば5000円の収入になります。この5000円を再投資の資金に充てるようにすれば複利効果で配当額はどんどん増えていきます。

最初から投資金額が多い人はまれです。投資金額が少なくてもコツコツ儲ける手法を採用することによって、株式投資の知識と経験を身につけることができます。最初は利益額が少ないかもしれませんが、少金額で投資することによって一生ものの知識が身につくと考えてください。

少ない金額から株式投資を始めるのは悪いことではないのです。


スポンサードリンク