経済力強化に株は役立つ

LINEで送る
Pocket

国も個人も経済力を強化するのは非常に重要です。


経済力は収入や資産の額のことを指しますが、株式投資を始めれば経済力を強化するのは容易いです。むしろ株を買わないで経済力を強化するのは難しいと思った方が良いでしょう。

ここで注目したいのは「株には収入を増やす効果がある」という事実です。今の時代、長く会社に勤めていれば収入が上がるとは限りません。会社が利益を出していないとリストラの対象になることもありますし、ボーナスも出ないことも多々あるのです。

労働所得だけに頼って収入を増やすのは難しい時代ですが、株は比較的簡単に収入増を達成することができます。しかも株を買って収入を増やそうとすると資産額も増大するので、必然的に経済力を強化することができるのです。

毎月20万円の労働所得を30万円に増やすのも経済力強化と言うことができますが、会社を辞めてしまうと利益はゼロになります。

しかし、株式投資で経済力を強化すると会社を辞めても収入は残すことができるのです。また、株自体が資産になるのでいざというときに重要な働きをしてくれます。

資産は防御力にも攻撃力にも変換することが可能です。資産から生まれる収入は攻撃力になりますが、資産そのものの価値は防御力と言い換えることができます。

労働所得を通じて収入を増やすのは自身の攻撃力を高める行為です。しかし、収入が増えても貯蓄や資産が増加しないと防御力を養うことができません。万が一の事態が起こったときに役立つのは資産です。

では、株式投資を通じて経済力を高めた場合どうなるでしょうか?

株そのものが資産になるので防御力と攻撃力の両方がアップするという効果が期待できます。労働所得と不労所得、どちらがより経済力の厚みが増すかと言うと、株式投資を通じて不労所得を増やした方が経済力は圧倒的に高まるのです。

働かなくてもお金が入るのは大きな利点だと考えてください。

仕事の収入を増やすのはとても良いことですが、働けなくなったときのことを想定する必要があります。人間は絶対に働けなくなる日が訪れるので、その日に備えて経済力を高めておくのは非常に大切です。

資産を増やす意識を保ち、老後も安心して生活したければ資産額を増やして経済力を高めなければいけないのです。

また、株以外の金融商品を購入するのも経済力強化に役立ちます。

大切な資産を減らす結果はできるだけ避けなければいけません。そこで私の推奨している「負けない長期投資」が光ります。株は負けなければ資産額は減ることがないので、負けないことを心がけて長期投資に徹すれば右肩上がりに経済力を強化することは可能です。

思うように収入が増えなくて悩んでいる方は「株で経済力を高める」ということを意識してください。


スポンサードリンク