限界値を知って目標の利益額を決める

LINEで送る
Pocket

株式投資とFXにありがちな傾向なのですが、投資資金が50万円しかないのに大儲けしようと思っている人がとても多いです。


ビジネスでは限界値を知ることが重要になりますが、株式投資でも限界値を知って現在の適正な利益額を分析するのはとても大切です。

たまに、「投資資金100万円から1年で1億円得ることを目指す」という目標を立てている人もいるのですが無謀なので止めてください。投資資金が少ない間は自分の手の届く範囲の利益額だけで満足しましょう。

投資資金が少ない人は小さい会社を経営している経営者と同じだと思ってください。従業員が5人しかいない会社が売上100億円を達成することができるでしょうか?

従業員が5人の会社が、「同業の大手企業は年間1000億円の売上を出しているから、うちの会社も今年の売上目標は1000億円にしよう!」と言っても誰からも相手されません。

世の中には実現可能なことと実現不可能なことがあるのを理解しなければいけないのです。

しかし、株式投資になるとなぜか実現不可能な目標を立てたがる人が多くなるのです。

例えば、投資資金100万円で配当金狙いの投資に徹した場合、利益の限界値は年間5万円です。配当利回り5%の株を保有して1年間で5万円の配当金を受け取ることを目的としていますが、これは現実可能な限界値に該当します。

しかし、この限界値を越えて儲けようとすると極端にリスクが高くなってしまうのでお勧めできません。限界値を知るのはリスクをコントロールするために重要です。達成が困難な目標を設定して危険な取引を行なうのは避けてください。

例えば100万円の投資資金で株式投資を始めて1億円を稼ぐ場合、デイトレードで勝ちまくって投資資金を増やさないと話になりません。

配当金狙いだと1億円稼ぐまでに時間がかかりすぎてしまうので毎回全力投資する勢いで低位株を買い、デイトレードで勝ち続けて多くの売却益を得る必要があるのです。

このように、現在の限界値を無視して株取引を行なうと無謀な投機に手を出す確率が高くなります。限界値を見極めるのはリスクの高い投資に手を出さないために重要で、大切なお金を守る行為に該当するのです。

100万円投資したのに3万円しか不労所得が入らないと嘆く人もいるのですが、それで良いのです。初心者の段階で年間3%の利益を上げていれば十分だと思ってください。

本当は成功しているのに、限界値を知らないのが理由で失敗だと認識するケースが多いのです。

例えばプロ野球の打率の限界値は4割です。1シーズンで4割打てたら最高の成績なのですが、1流プレイヤーでも3割程度の打率を維持するのが精一杯です。

しかし、打率の限界値を知らない人がこの数字を見たらどう思うでしょうか?

「打率3割なんてとても低い。7割は失敗しているんだから、この選手は3流だ」と考えます。このように、限界値を知らないと無茶苦茶な答えにたどり着く可能性が高いので非常に危険です。

自分が野球を始めて3割バッターになっても、「3割しか打てなかった……」と嘆くことはないと思います。それは限界値を知っているからです。

株式投資の限界値を知りましょう。基本的に投資金額が多くなればなるほど利益の限界値を高めることができるので、最初は安全策を通じてこつこつと投資資金を増やした方が良いのです。


スポンサードリンク