低所得者ほど株式投資で儲けた方が良い

LINEで送る
Pocket

株式投資に対する誤解の1つとして、「株式投資はお金持ちでなければ意味がない」という意見があります。

お金持ちでなければ株式投資で儲けることができず、投資資金が多い人でないと多額の不労所得を得ることができないという意見です。確かに、この意見は的を射ているのですがちょっと考え方を変えてみてください。

低所得者が株式投資を始めないで、どうやって多額の不労所得を得るのでしょうか?

株式投資は儲かります。それこそ銀行預金や国債利息と比べて、比較対象にならないほど株は儲かります。配当利回りが高い株は自分の収入を増やしてくれる存在になるのは間違いありません。お金持ちであれば銀行の利息収入で不労所得を増やすという戦略も取れますが、低所得者が預金だけに頼っても無駄なのです。

預金で得られる不労所得は微々たるものです。お金が少ない状況に悩まされているのであれば、効率良くお金を儲ける手段を探すべきです。


低所得者ほど、株式投資で儲けるべきです。

低所得者はその名の通り、「収入が低い人」を指しますが、収入が低いのであれば収入を増やすための手段を模索しなければいけないのです。転職活動をしたり、資格を取って給料の高い仕事を探したり、収入を増やすための行動は多々ありますが、少ない資金で効率良く稼ぎたければ株式投資に注目した方が良いでしょう。

低所得者の特徴の1つとして、視野が狭い点が挙げられます。お金は働かないと稼ぐことができず、お金をたくさん稼ぎたければ人より多く働くことが重要と考えている人が多いのです。

しかし、その意見は労働者レベルの話です。本当のお金持ちになりたければ「人より多く働いてお金を稼ぐ」という発想は捨ててください。

お金持ちは人より多く働いているから収入が多いのではありません。不労所得が多いからお金持ちになっているのです。

低所得者でも成り上がることは可能です。天才と言われているホリエモンですら、最初は時給1000円にも満たないアルバイトからスタートしたのです。ホリエモンは自ら利益を出すシステムを作り上げてお金持ちになりましたが、勝ち組になりたければ同じことをしなくてはいけないのです。

低所得の段階で資産を築いていけば、必然的に収入は増えていきます。

しかし、多くの方は収入を増やすための資産形成に力を入れていません。本来であれば収入が低い状態で株式投資を始めて、着実に資産を増やして不労所得を増やしていくのが重要になります。

株の配当金だけで電気代をまかなえるようになり、次は食費がまかなえるようになれば、生活費に悩まされる心配はなくなります。そうすれば低所得の状態であっても生活に余裕が生じるのです。全ての支出を労働収入でまかなおうとするから、いつまで経っても貧乏な状態から脱出することができないのです。

最初から豊富な投資資金があるのは理想ですが、これはあくまでも理想論なので無視してください。投資資金が充実した状態で株式投資を始めるのが有利に働くとは限りません。株式投資は勝つための戦略を確立させれば、投資資金は関係ないのです。

1000円から株式投資を始めても儲けることは可能です。

もちろん、大きく儲けたければ多額の投資資金が必要になりますが、投資資金をたくさん用意したければ自分でお金を増やさなければいけないのです。

労働所得に限界を感じている人は、株式投資の不労所得を狙っていきましょう。収入が低い段階でこつこつと株を買い集めて、収入を増やすために行動するのが重要になります。


スポンサードリンク