無意味な株は買わない

LINEで送る
Pocket

株式投資で儲けたければ、自分にとって意味のある株を選択するのが重要になります。自分の戦略にそぐわない株を買っても意味がないので、株の取捨選択は怠らないようにしましょう。


では、どういう株が無意味な株に該当するのでしょうか?

1,資産株を増やしていきたい場合

資産を増やす目的で株式投資を続けている人もいらっしゃいますが、その場合だと資産株を積極的に購入するのがお勧めです。今後10年間は安泰だと思われる株を購入し、毎年配当金を受け取り続けるのがポピュラーな手段になります。

しかし、資産株を集めるという目標がある人が「資産にならない株」を保有しても全く意味がありません。上場廃止寸前の株や投機の対象になっている株は資産株とは言えません。このような株を保有しても無意味です。

投機目的で儲けたいのであれば上場廃止寸前の株を買っても良いのですが、「資産を増やす」という目的がある方はその目的に合った株を買うようにしましょう。

自分にとって無意味な株を買うのは大切な投資資金を減らす結果につながります。

2,不労所得を得たい場合

株式投資を通じて不労所得を得たいと考えている人は、「配当金を出す株」を買うべきです。配当金を毎年支払っている株を購入すれば自分の目標は達成することができますし、配当金収入を上手く活用して資産をどんどん増やすことができます。

しかし、「不労所得を増やしたい」という目標があるのに配当金が無配の株を買うのは意味がありません。考えてみたら当たり前のことですが、負ける投資家は「目的と用途が合わない株を買って儲けようとしている」ことが多いのです。

株式投資で儲けたければ最初に戦略を立てる必要があります。配当金狙いなら配当金重視の戦略。売却益重視の戦略。株主優待狙いの戦略と、様々な戦略が存在します。

戦略を選ぶのは大切ですが、「自分の戦略に合った株を購入すること」も同じくらい重要です。

ケーキを販売して儲けたいと思っている方が豚骨ばかり仕入れても全く意味がありませんよね? ラーメン屋であれば別ですが、ケーキ屋さんに豚骨は必要ありません。自分が使用しない物は価値がないのです。

株式投資も同じで、自分の戦略とマッチしていない株は使い道がありません。デイトレード用の株を長期保有しても意味がないですし、資産株で投機を繰り返すのは非常に効率が悪いのです。

デイトレードにはデイトレードに適した株。長期投資には長期投資に適した株が必ず存在するので、株の取捨選択を怠らないようにするのが株式投資で儲けるコツになります。

狩りに行くときにスプーンを装備しても獲物を捕まえることはできません。弓矢で美味しいスープを作ろうとするのは不可能です。

自分の戦略に合わない株は例外なく「無意味な株」です。自分にとって保有する価値のある株だけを買うようにしてください。


スポンサードリンク