稼ぐのが株式投資のモチベーションになる

LINEで送る
Pocket

株式投資に対するやる気を高めたければ実際に稼ぐ経験を味わってください。


株式投資で稼ぐのはそこまで難しくありません。「株式投資は稼げる!」という実感を掴むことができれば投資意欲もどんどん向上し、株式投資に対するモチベーションがアップします。

株式投資で大きく儲けたければそれなりの投資資金が必要です。最初は投資資金を貯めるためにアルバイトをしたり、本業を頑張ったりしてお金を稼ぐのが重要になるのですが、そもそも株式投資に対するモチベーションが低いと投資資金を増やそうという気になりません。

これは仕方ないのです。私も本当に儲かるか分からない物事に対して頑張ろうという意欲は湧きません。「あ、これは本当に儲かるんだな」と実感してから初めてやる気が出てくるものです。

私も最初は株式投資に対するモチベーションは低い状態でした。株以外にも収入源はありましたし、そこまで頑張って投資資金を稼がなくても良いのではないか?という風に株式投資を軽視していた時期があったのです。

しかし、軽い考えは簡単に崩れ去りました。

株式投資に対する認識が変わったのは6300円の配当金が銀行に振り込まれたときです。たった6300円と思うかもしれませんが、当時学生だった私にとってこれは強烈な刺激になりました。

と言うのも、私は「お金は働かないと稼げない」という価値観を植え付けられていたため、株を買ったくらいで儲かるくらいなら苦労はしないと考えていたのです。たった6300円の不労所得が上記の価値観を全てぶち壊してくれました。まるでハンマーで頭を叩かれたような良いショックです。

しかもその頃の投資資金は40万円しかなかったのです。この投資資金を単純に10倍に増やせば6300円の配当金が6万3000円になります。6万3000円はそれなりの大金で、新しいパソコンを買うこともできます。

最初は投資資金が少なくても良いです。投資資金はどうでも良いので、私のように「実際にお金を貰う感動」を味わってください。大げさかもしれませんが、不労所得を受け取れるのは本当に凄いのです。

働かなくてもお金が入るのはお金持ちに限られると考えている人が多いのですが、現実は違います。お金持ちでなくても投資をしていれば不労所得を入手することができるのです。

振り込まれた配当金は好きに利用して構いません。そのお金を利用して遊びに行っても良いですし、初配当金の記念品を買っても良いでしょう。本当にお金が振り込まれるということを実感すれば、株式投資に対するモチベーションが上がります。「働かなくても儲けることができる」という甘い蜜の味を知ることができるからです。

投資資金が増えれば後からいくらでも儲けることができます。しかし、投資資金を増やすためにあなたは実際に儲かったという体験を知る必要があるのです。

利益が出た瞬間、あなたは投資家として新しい人生を歩むことができます。働かなければお金を稼げないという誤った価値観から抜け出すこともできるようになるのです。


スポンサードリンク