日経平均株価が10000円以下だと買い時

LINEで送る
Pocket

株の買い時が分からないという方は、日経平均株価が10000円を切ったときを狙ってみましょう。


これは私の独自の意見になりますが、日経平均株価が10000円を切ったら割安だと考えています。日経平均株価が10000円を超えても割安株は存在しますが、10000円を切ると優良株も割安になっていることが多いのです。

日経平均株価を参考にして株式投資で儲けるのは可能です。

多くの人は日経平均株価が値上がりし続けている時期に株を買おうとします。これは株式投資で負けるパターンに属しているため、できるだけ早く行動を改めるようにしてください。

株式投資で儲けたければ、日経平均株価が安い時期に買った方が良いのです。

しかし、日経平均株価の安い高いの基準が分からない人が多いのも事実です。私も「どの価格なら日経平均株価が安いと言えるのか?」ということで悩みました。今は10000円を切っていれば割安だと判断しています。

しかし、この指針も絶対ではありません。

正直なことを申し上げると、日経平均株価よりも個別銘柄をしっかりと分析して割安かどうかを判断した方が良いのです。日経平均株価が10000円を超えていても、まだ投資家から注目されていない割安株はたくさん存在するのです。

東証2部にあるマイナー株に目を向けると、株価が停滞している優良株を見つけ出すことが可能です。

日経平均株価が10000円を切っているときは、ちょっとしたバーゲンセールが訪れていると解釈するのがお勧めです。

逆に言えば、日経平均株価が10000円を切っていなければ無理をして株を買う必要はないのです。特に売却益を通じて株式投資で儲けたいと考えている方は、日経平均株価を参考にするべきです。

配当金狙いであれば、株はいつ買っても構いません。

しかし、配当金狙いであっても株を安く買うのに越したことはないのです。株価が安い時期に買えばたくさんの株数を揃えることができますし、株数を増やせば配当金収入も著しく増加していきます。安い時期に株をたくさん買えば、将来の利益も向上していくのです。

日経平均株価が10000円を超えているから、できるだけ株を買うのを控えた方が良いというわけではありません。自分で割安株を見つけて投資をすれば、日経平均株価に左右されない株式投資を行なうことができます。

日経平均株価が8000円を切っている場合、株のバーゲンセールが開催されていると考えてください。

日経平均株価が8000円以下になっているときは、株を買うチャンスが訪れていると考えた方が良いのです。世間では悲観論が蔓延しており、未来は真っ暗だと考えている人が増えるのが日経平均株価が8000円を割っている時期です。

世間の風潮や意見に惑わされず、自分の意志を貫くことができる人だけが株式投資で勝つことができます。

日経平均株価が10000円を割っているときは、全体的に株価が割安であることを覚えておいた方が良いでしょう。


スポンサードリンク