自分の土俵で戦おう

LINEで送る
Pocket

株式投資で儲けたければ、自分の土俵で戦うのが重要になります。

自分の土俵で戦うのは、「自分が精通している分野を選んで株を買う」という意味になります。自分の興味がある分野や、自分の好きなビジネスを行なっている会社の株を買った方が株式投資で儲けやすくなるのです。

例えば、IT企業に勤めている人はIT業界の動向について精通している傾向があります。どのような技術が注目されているのか情報を得ることができれば、その情報は武器となるので株式投資の勝率を上げる結果に繋がります。


コンテンツ作成が現代の主流だと思えば、良質なコンテンツを作成している会社の株を買った方が良いでしょう。現代は占いがブームになっているので、占いに詳しい方は占いコンテンツを取り扱っている会社に注目するのがお勧めです。

例えば、ザッパラスという会社は占いコンテンツを主軸にして稼いでいる会社です。占いコンテンツが好きで、自分も占いを頻繁に利用しているという方はザッパラスに注目するのも良いでしょう。自分の得意分野に手を出せば、そのコンテンツが本当に優れているのか自分のフィルターを通して判断を下すことができるのです。

造船に詳しかったら造船業で利益を上げている会社を選び、食品業界に詳しかったら食品を取り扱っている会社の株を買うのがお勧めです。

このように、自分の詳しい分野の株を買えば、企業の本質を見抜くことが可能になります。

実際に売り上げが伸びている会社があっても、本当にその商品が優れているのか見抜かなければいけません。自分の土俵で戦える人はとても有利です。自分の土俵で戦うのは、これから成長する銘柄を分析する上でとても重要になるのです。

自分の得意分野が分からない場合、とりあえず興味のある株を買ってみることから始めても構いません。アイスクリームが好きだからサーティーワンの株を買う。ビールが好きだからサッポロホールディングスの株を買う。といった具合で自分の好きな分野の株を買っても良いのです。

自分の好きなことに対しては、率先して情報を集めることができるようになります。全く興味の無い会社の株を買っても、業界がどのように動いているのか判断するのは難しくなってしまいます。ファッションについて詳しくないのに、アパレル業界の動向を見抜くのは至難の業です。

自分の土俵で戦える人は株式投資で儲ける素質のある人です。

自分の得意分野を絞り、着実に儲けるために専門知識を活かせる株を買った方が良いでしょう。全ての業種の株を買う必要はありません。

儲けるために株の範囲を狭めるのは、株式投資で勝つために有効に働くのです。


スポンサードリンク