株式投資でインフレに対処しよう

LINEで送る
Pocket

株には銀行預金には無い強みが1つあります。それはインフレに強いという長所です。

株には変動リスクというものが存在し、株を保有しているだけで資産が変動するリスクを背負うことになります。しかし、資産の変動をリスクと考えればデメリットとして受け止めることができますが、変動リスクがあるおかげで「株はインフレに強い」という長所を手に入れているのです。

インフレが起きれば、株の価格も向上していきます。インフレに対抗するように株価が上がっていくので、株を持っているだけでインフレに対処することができるのです。

変動リスクのない定期預金や国債はインフレにとても弱いのです。特に国債は1万円から購入することができますが、10年後の1万円の価値が目減りしていたらどうなるでしょうか? 現在の1万円と10年後の1万円は実質的な価値が異なっているかもしれません。

紙幣の価値が下がることをインフレと言います。


現在、デフレの状態が続いており数多くのお菓子が100円で買うことができます。例えばチョコレートは1枚100円で買えますが、10年後も100円でチョコレートが買える保証は無いのです。10年後のチョコレートの価値は1枚500円になっているかもしれません。そうなると必然的に紙幣の価値が下がってしまいます。

株は物価の向上に強い金融商品として有名です。

預金だけに徹すると物価が向上しても対処することはできません。預金の利率が上がれば良いのですが、インフレの脅威に対処できるだけの利息を受け取ることができるとは考えにくいのです。

株を購入するのはインフレに対処するために重要になります。

他にインフレに対処できる金融商品は純金やプラチナなどが該当しますが、残念ながらこれらの金融商品はお金を生み出す能力がありません。インフレリスクに備えつつ、長期的にお金を殖やしていきたければ株を買った方が良いのです。

多くの方がインフレリスクに無頓着です。インフレになってしまえば実質的な紙幣価値は下がるというのに、額面だけを見て価値を判断しています。今持っている1万円は、10年後も価値のある1万円のままでしょうか? ひょっとしたら10年後の1万円は、現在の500円相当の価値しかないかもしれないのです。

インフレが起きる原因は様々ですが、多くの場合紙幣が多く流通されたときに起こります。つまり、円が多く刷られて世の中に出回る量が多くなればなるほど円の価値が下がっていきます。

そうなるとインフレも起こりやすいのです。

個人レベルでインフレリスクを回避することはできません。しかし、インフレから財産を守ることはできるのです。株を買うという発想は攻撃的な資産運用のように思えますが、「財産を守る」という観点から見ても有効な戦略であることを意識してください。

インフレに弱いが元本保証がウリの定期預金と、インフレに強いが変動リスクのある株を上手く利用していきましょう。資産を上手に運用したければ様々な金融商品の知識を身につけなければいけないのです。


スポンサードリンク