負けない株式投資を実現するために

LINEで送る
Pocket

私は「負けない株式投資」を本気で実践してほしいと願っています。

極端な話、株式投資は負けなければ勝ちです。例え株価が上昇しなくても「負けないこと」を心がければ配当金や貸し株収入が手に入るので、株価が動かなくても株式投資で勝つことができるのです。

例えば1株500円の株が1年間ずっと500円のままだとします。(そんなことはありえませんが……)

一見すると「株価が変化しないから損失を抱えることもないが、儲けることもない」と考えてしまいがちです。

しかし、それは違うのです。

株価が変わらない時点で自分の勝ちだと思ってください。

株価が変化しないと「資産価値が変動しない」ため、配当金収入を得ればプラスになります。株価がマイナスにならない株を買ってインカムゲインを得たら「収益は必ず黒字になる」ので、株価が変化しないのは悪いことではないのです。


そうは言っても株価は常に変化するものです。

私が言いたいのは「株価が変化しない株を買え」という意味ではなく、「株価が変動しても儲ける戦略を確立しましょう」ということを主張したいのです。

株主優待や配当金で利益を得ることを意識すれば、株式投資の勝率は飛躍的に高まります。

含み損を抱えても「配当金収入でカバーする」という戦略を採用すれば株式投資で負ける方が難しくなります。株は保有しているだけで勝手に利益を生み出してくれるので「長く保有すればするほど勝ちやすい」と思ってください。

【1つの戦略にこだわらない】

負けない株式投資を実現するために重要となる要素がもう1つあります。それは「1つの戦略にこだわらない」ということです。

例えば成長性の高い株を購入するとき、大抵の人が「成長するのを待ち、将来売却益を得るための戦略を練る」のがほとんどだと思います。

別にそれは悪くないのですが、失敗したときのリスクも想定するべきです。

成長株として期待していた会社が減益になったときどうしますか?

成長性だけに期待する戦略だけを採用していた投資家は挽回するのが不可能になります。

配当金狙いの投資も同じです。配当金収入に期待して株を保有するのも結構ですが、「会社経営が不振に陥り、配当金が支払えなくなるリスク」も理解しなければいけません。

赤字決算を出しても配当金を支払う会社は別ですが、業績連動型の配当金を支払っている会社は特に注意する必要があります。

1つの戦略にこだわると、戦略が崩壊したときに挽回するのが難しくなります。

ベルーナ株で儲ける3本の矢戦略を徹底解説!

上記の記事を参照していただくと分かりやすいのですが、私はいくつもの戦略を組み合わせて株式投資で儲けています。

「1つの戦略が失敗したら、次の戦略を立てれば良いという作戦を実行し、勝率を高めて負けない株式投資を実践するのが私の投資スタイルです。

「成長株には成長性を期待した成長株投資、安定株は安定配当を期待した長期投資」という勝ちの黄金パターンを戦略に当てはめても良いのですが、理想を言うといくつもの戦略を組み合わせて「絶対に利益を出す仕組み」を作り上げるのが得策となります。

【成長を続けている安い株を買う】

負けない株式投資を実践したければ、安い成長株を買う必要があります。

普通、成長株というものは多くの投資家が注目しているので「割高」になることが多いのですが、わざわざ割高な成長株を買う必要はありません。別に買っても良いのですが、株式投資の勝率を極限まで高めたければ安い成長株を買ってください。

安い成長株とは、「持続的発展を遂げており、PBR値とPER値が低い株」のことを指します。

PBR値は1倍以下、PER値は10倍以下の成長株が負けない株式投資を実践するのに向いています。

そんな株があるのか?と、疑問を抱く人も多くいらっしゃると思うのでここで1つ、私が注目している有望株を紹介させていただきます。

住友林業 (1911)

住友林業は負けない株式投資を実践するのに優れた株だと分析しました。

1株益や営業利益は伸び続けており、独自のビジネスモデルを築いて差別化に成功しています。更に現在のPER値も10倍以下、PBR値も1倍以下なので「割安性」に長けていることが分かります。

増配歩調を維持しているので配当金戦略を採用することも可能です。

いくつもの戦略を組み合わせて株を運用することができるので、住友林業は私の推奨する「負けない株式投資」を実践するのに適した株です。

ベルーナや住友林業のように、「持続的成長を遂げているが、株も安い!」という銘柄は東証1部以外にも存在します。つまり、割安優良株にこだわって株を買い続ければ負けない株式投資を実践するのは容易です。


スポンサードリンク