収入源を分散する大切さを知る

LINEで送る
Pocket

今の時代、複数の収入源を持っていないのは相当なリスクであることを理解しなければいけません。


株式投資を行なっていると「収入源が複数存在する大切さ」を理解することができますが、現状を分析すると大多数の人が1つの収入に頼っています。

 

「正社員として会社勤めをしていたら安心」という時代は終わりました。

 

今も正社員は一定の安定力を誇っていますが、絶対に安心とは言い切れないのが弱点になります。

 

会社の業績が悪化したらリストラや賃金カットの危機に晒されてしまいますし、「よほど経営が安定している大企業」でない限り1つの収入に頼るのは危険だと捉えた方が良いのです。

 

しかし、会社勤めをしていると副業が禁止であるケースも多々存在します。

 

会社員が副収入を得たければ株式投資を行なうのが1番です。

株式投資はお金を儲けるための手段として活用することができますが、少し視点を変えると「リスクを減らすための手法」として評価することもできます。

 

あなたもご存知の通り、株式投資を行なっていると配当金や株主優待を受け取ることができます。配当金、株主優待は副収入に該当し、「収入源を分散させるために効果的」だと判断した方が良いのです。

 

企業経営でも収入の分散はとても重要なことだと認知されています。

 

多くの会社が多角経営を推し進めるのはなぜでしょうか?

 

本業が順調なら本業だけに徹すれば良いと考える人が大半ですが、それは違います。上場企業の中には本業一筋で頑張っている会社も存在しますが、本業のみの収入に頼るのはリスクが高いことを理解しなければいけません。

 

会社が多角経営を実行するのは「リスクを分散するため」です。

 

例えばコンテンツを配信して利益を得ている企業が不動産事業を始めたとします。

コンテンツ配信事業は当たるかどうか分からず、ストック型収入を確立するのが難しい業種に該当しますが、不動産貸賃事業を始めることによって「ストック型収入」を受け取ることができます。

 

他事業に進出することによって「本業の弱点」を補えるのは大きなメリットです。

 

「景気が悪化したり、本業が斜陽産業になったりしたときに大変だから他事業でも利益を得る」のが多角経営を行なう利点になるのですね。

 

この事実を理解すれば個人も収入源を分散する大切さが分かると思います。

 

会社勤めをしているのは悪くないのですが、「会社だけの収入」に頼るのは絶対に避けた方が良いです。

会社を辞めてしまったら収入源は途絶えますし、会社は一生あなたの面倒を見ることはありません。働いている間は給料を払ってくれますが、「働けなくなったら給料はゼロになる」という事実を直視すべきです。

 

「最悪、働けなくなってもある程度の貯蓄を確保し、株を通じて不労所得を受け取れる環境を築いておく」のが望ましいのです。

 

頭の良い人は毎月の給料をやりくりして株を買っていますが、こういう人は本当に将来のことをしっかり考えています。

 

株を買うのは「自分の生存確率を引き上げる行為」だと思ってください。

 

1つの収入源に依存すると収入源が途絶えたときに大変な危機に陥ってしまいますが、毎月定期的に株を購入していれば「株から生まれる収入」が発生するので精神的にも経済的にも楽になるのです。

 

複数の収入源を確保することによって「1つの物事に依存すること」がなくなり、会社を退職しても何とかなるのがメリットになります。

 

ある程度資産を手に入れたら「仕事を続けるか、仕事を辞めるか」の選択肢が浮上します。仕事が楽しい人は今の仕事を続ければ良いですし、仕事が楽しくないと感じる人は無理しないでさっさと辞めてしまえば良いのです。

 

「収入源を分散すると選択肢が増え、自分の人生が豊かになる」という事実を理解する必要があります。多くの人が1つの収入源に頼っていますが、これは別の言い方をすると「会社に依存しているのと同じ」です。

 

その会社がいつまでも倒産しなかったり、経営不振になったりしない自信があれば別ですが、そんな保証はどこにもないのです。自分の力で生きていくことを望むのであれば「収入源の分散」を意識して株を買うことをお勧めいたします。


スポンサードリンク