株へ資金シフトするとリスクを減らせる

LINEで送る
Pocket

株式投資で儲けるには、資産運用を学んで資金シフトに対する意識を高めなければいけません。資金シフトは、金融関連の専門用語になるので難しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、資金シフトは物凄く簡単です。今持っているお金を株や債券にシフトするだけです。

もちろん、預金の全額をシフトする必要はありません。生活費や将来に備えたお金は円として保有しておいた方が良いのです。株に資金シフトした方が良いのは、まだ使う予定のない自由資金です。

株式投資は資金シフトをするという意味でも有効に働きます。ここはよく勘違いされている方が多いのですが、「株を持つ=リスクを増やす」ということではありません。株という金融資産を手に入れることによって、安全に資産を運用することが可能になります。

例えば、自分の資金を全てプラチナ購入に充てていたらどうなるでしょうか?

プラチナそのものの価値がなくなることは考えにくいのですが、プラチナの相場は日々変動しています。そのため、資産運用の手段をプラチナ限定にすると「プラチナの相場次第によって、大損する可能性がある」というリスクを抱えることになります。


このようなリスクを最小限に抑えるために、資金シフトをするという方法をお勧めしています。それは今あるお金を株式投資に充てるという行為です。更にリスクを分散したいと考えている方は、株以外の金融商品に手を出しても良いでしょう。

プラチナ投資をしている方が株式投資を始めれば、二重の利益を期待することができます。プラチナの価値が上がったらそれは自分の資産が増えた証拠になりますし、株資産の価値も上がれば二重に自分の資産が増えることになるのです。

プラチナの価値が減少しても、株価が減少しなければ自分の資産はバランス良く保たれます。ここが資金シフトのメリットになります。

また、株は保有しているだけで不労所得が入るというメリットがあるため、他の金融商品との相性が良いのです。金やプラチナは保有しているだけでは利益にはなりません。しかし、このような現物資産を保有するのはリスクを減らすのに大変効果的です。

リスクを減らしたいと考えている方は現金のみで資産運用をするのではなく、株や現物資産へ資金シフトをするのが良いでしょう。そうすることによってインフレリスクを回避することもできるのです。


スポンサードリンク