資産の優先順位を定める

LINEで送る
Pocket

上手に資産を運用したいと思っている方は、資産の優先順位を定めるのがお勧めです。


株資産だけではなく定期預金や純金、国債などの資産を保有している方は資産の優先順位を定めて、今後どのように資産を運用したいか考えた方が良いのです。優先順位を決めることによって投資資金の活用方法が明確になります。

積極的にお金を増やしていきたいと考えている方は、株資産の優先順位を高く設定して株の投資資金を増やすのがお勧めです。より安全に資産運用したいと考えている方は元本保証型の金融商品を購入し、資産のバランスを保つ必要があるのです。

資産の優先順位は人によって異なります。

株資産を増やすのも良いのですが、株価の変動リスクを避けたいと考えている方は別の金融商品を購入した方が良いでしょう。資金を上手く活用すればリスクを分散することができるので、株と相性の良い金融商品を見つけるのは全体の収入を増やすのに有効です。

【株資産の優先順位の定め方】

1,自分の目的を意識する

株資産の優先順位を定めたい場合、自分の目的を意識するべきです。お金を増やすことを第一に考えている方は「配当利回りの高い株」を優先して投資するのがお勧めです。

逆に株主優待狙いで資産を増やしたい場合、株主優待をプレゼントしている株の投資比率を高めた方が良いでしょう。全体的にバランス良く投資するのが理想になりますが、投資資金が多くないと実行するのは難しいのです。

最初は多少偏っても良いので、自分の目的に合った株を購入するようにしましょう。投資資金が増えてきたら資産全体のバランスを整えることに努めるのがお勧めです。

2,業種別に株資産を整理する

株式投資を続けていると、自分の好きな業種が分かるようになります。安全資産を求めている方は電気・ガス業界の株を重点的に投資する傾向があります。成長性を評価している人はIT業界の株を購入することが多いのです。

このように、業種別に株資産を整理するのは優先順位を定めるのに大変有効です。おのずと自分の好きな業界も確認しやすくなるので、新しい投資先を決めるのも簡単になるのです。

3,不要な株は売却する

資産の優先順位を定めていると、不要な株があることに気づくケースもあります。あまり配当利回りが高くなかったり、業績が落ち込んでいたり、保有し続けても大したメリットがない株が見つかることもあるのです。

そういうときは株の売却をお勧めいたします。損切りするのに抵抗がある方は売却検討リストに追加し、株価が買値まで上昇したら売るという手段を取った方が良いでしょう。

不用な株を売却することによって資産の優先順位を定めやすくなります。また、資産を上手に管理することができるようになるため、1度資産を整理して優先順位を定めてみましょう。


スポンサードリンク