株の売却検討リストを作ろう!

LINEで送る
Pocket

株資産を整理したいと考えている方は、株の売却検討リストを作るのがお勧めです。


長く株式投資を続けていると業績が悪化したり、配当利回りが下がってしまったり、予想できない結果が訪れることがよくあります。売却したいと思う株は自分のリストに記載しておいた方が良いでしょう。

売却検討リストを作ることによって資産が管理しやすくなります。売却検討リストに記載されている株は定期的に株価を確認して、買値より高くなった段階で株を売却しましょう。そうすれば売却益も得ることができ、記録を残すことができます。

株の売却検討リストを作るときはエクセルを活用するのがお勧めです。エクセルを使用して株資産を整理しておけば、後で資産を確認するときも分かりやすくなります。手書きで売却検討リストを作る方法もあるので、自分の合う手段を選ぶのが1番になるのです。

【株の売却検討リストを作るメリット】

1,資産管理が容易になる

保有しておきたい株と売りたい株が混ざっている状態だと、資産を管理するときに混乱する可能性があります。売却したい株をリストに追加することによって、株を売り買いする戦略を立てることもできます。

現在保有している株を売却して、新しい株に乗り換えるときも株の売却検討リストは有効になります。リストを作るときは「いくらで売りたいか?」という株の希望価格を記載しておくのが良いでしょう。指値で売るという方法もあるので、指値売りとリスト作りを並行すると資産管理が楽になります。

2,株の乗り換え候補を作ることができる

株の売却検討リストをつくることによって、株の乗り換え候補を定めることができます。株を売却したときに今までの資産が全て現金に変わるため、自由資金が大きく増えるのです。

この自由資金の活用方法を事前に定めておけば、株の購入先に困ることもなくなります。

より詳細に売却検討リストを作りたければ、株の売却を検討した日付と理由を書いておくのがお勧めです。特に理由を書くのは未来に自分に投資方針を判断してもらうために重要となるため、1ヵ月後に売却検討リストを見直してみましょう。

特に売却したい株がない場合は検討リストを作る必要はありませんが、早急に資産を形成しなおしたいと思っている方はリストを作って管理する必要があります。資産の管理能力が高ければお金の管理能力も身につくので、株式投資で利用するための資金も増やすことができます。

売却したいと思っている株がある方は、売却検討リストを作成してください。多少面倒ですが、資産運用に一役買ってくれるはずです。


スポンサードリンク