節約して投資資金を増やす

LINEで送る
Pocket

株式投資で大きく儲けたい方は、まず投資資金を増やすことを意識しましょう。


毎月の給料を貯めて投資資金を増やしている人も多いのですが、効率良く投資資金を貯めたければ節約が重要になります。特に投資資金が少ないうちは配当金収入や売却益に頼るのはきついので、自分のできることから投資資金を増やすべきです。

1000円節約することができた場合、1000円で売られている配当利回り5%の株を1株買うことができます。(別途手数料がかかります)

そうなると1000円節約しただけで年間50円の不労所得が増えることになるのです。しかもこの不労所得は毎年受け取ることができるので、結果的に1回の節約が将来の収入に良い影響を与えるのです。

節約は地味かもしれませんが、「確実に投資資金を増やせる」というメリットがあります。株式投資は負けると投資資金が減ってしまいますが、節約は誰でも取り組むことができるので大変お勧めです。

「節約したくらいじゃ大して投資資金は増えない」という意見もありますが、考え方の問題です。株式投資で大儲けしたい人は自分ができることから始める必要があるのです。投資資金を増やすために地道な作業に没頭するのは悪いことではありません。投資資金を増やすための手段の1つとして、節約に励むのはとても良いことです。

そもそも株式投資自体が節約と相性が良いことを忘れてはいけません。

株主優待を多く集めれば生活費も減るので、投資に活用できる資金を増やすことができます。節約することを前提で株式投資を始めても良いのです。その場合株主優待狙いに徹する投資を行う必要がありますが、株主優待目当てで儲けることも可能です。

節約したお金で吉野家の株を買い、年間の食費を減らすのは大変有効な節約手段として有名です。

【節約して投資資金を増やす重要性】

投資資金を増やす=収入を増やすと考えてください。

つまり、節約するのは支出を減らすだけではなく、収入を増やす効果もあるのです。ただ節約するだけだと支出削減の効果しか期待できませんが、節約したお金を投資に活用することによって収入増を成し遂げることができるのです。

節約が趣味の人は株式投資と相性が良いのです。投資資金を貯めるのも苦だと感じませんし、様々な株から得られる株主優待を通じて更に節約することも可能です。

ほとんどお金を使わない生活を実現したければ株主優待を活用してください。こつこつと節約できる人は長期投資にも向いているので、結果的に大きなリターンを手にする可能性が高いのです。


スポンサードリンク