株にロマンを求めるべきか? 

LINEで送る
Pocket

株にロマンを求めるべきでしょうか?

株式投資の醍醐味は「大企業になる可能性のある会社を見つけ、株を買って長期保有すること」です。


そう考えると「ロマンを抱ける株を買うのが王道」になりますが、私は株式投資に関しては現実主義者なので株にロマンを抱くことはありません。

私が絶対的に重視しているのは「勝率」です。ロマンを抱かず、常に勝つことだけを意識して株を売買しています。

しかし、株にロマンを求める人を否定することもないのです。

私は第2のヤフーやセブン-イレブンに投資することはないと思っています。将来の成長力に期待が持てる株は総じて割高であり、「割安優良株」が好きな私は「将来性が高い割高株」を徹底的に毛嫌いする傾向があるからです。

将来大きな利益を手に入れる投資を行なっている人は単純に尊敬します。

私は全く正反対のタイプで、「こつこつと勝利を積み重ねること」が好きなので株式投資に関しては現実主義を貫きます。

将来性よりも割安性、将来の業績よりも近年の業績を重視します。

「株式投資で大きく儲けたければ、将来大企業へと成長を遂げる株を買うべき」という意見は否定しません。むしろその意見は私的に大賛成で、企業の将来性を重視して株を買うのは株式投資の王道として称えられるべきです。

ただ、私は他者にロマンを委ねるのが好きではないのです。

人にお金を出して事業を応援するよりも、自分のビジネスにお金をかけて「自分で成功を掴みたい」と考えているため、超長期投資を実行して成長株を買う戦略を採用することはほとんどありません。

超長期投資を成功させたければとてつもない忍耐力が必要になりますが、私は忍耐力を自分のビジネスに活かしたいと思っているのです。

その代わり短期売買や中期投資、長期投資などを駆使して「株式投資の勝率」を高めに設定し、着実に利益を出すのが私の投資スタイルです。私の投資手法は「ロマンを求める投資」とは正反対になりますが、ロマンを抱いて株を買っても良いと思います。

ユーグレナ(2931)という株をご存知でしょうか?

ユーグレナはミドリムシ関連の商品を販売して利益を得ている会社です。ミドリムシの研究に力を注いでおり「ミドリムシを通じて世界を救う」という壮大なミッションを掲げています。

私はこういう会社が大好きで、ユーグレナのように「世界を救う使命」を抱いている会社は陰ながら応援したいと思っています。事業内容も将来性に溢れており、大企業へと昇華する可能性のある会社です。

しかし、私はユーグレナの株を買うことはありません。

現在の予想PERは512.63倍、実績PBRは26.07倍で超が3つつくほど割高です。私は現実主義者なので、将来得られる可能性のある莫大な利益よりも「今確実に受け取れる利益」を重視します。

ユーグレナに投資して超長期投資を実行するのもそれはそれで面白いでしょう。

しかし、ユーグレナのように割安性に長けていない株は私好みではないのです。「会社は素晴らしいけど、株価は割高」という株は徹底的に敬遠します。

「勝率重視の投資」を実行したいなら現実主義に徹した方が良いですし、「将来大きな利益を狙う」のであればロマンを求める投資を実行した方が良いのです。

これはどちらが良いという問題ではなく、投資スタイルの違いになるので好きな方を選択すれば良いと思います。

私は自分と正反対の投資スタイルを否定するつもりはありません。

むしろロマンを求めて株を長期保有することができる人は内心尊敬しているので、今のスタイルを貫いて株式投資を楽しんで欲しいと考えています。


スポンサードリンク