売却益と配当金、どちらを重視すべきか

LINEで送る
Pocket

売却益と配当金、どちらを重視して株式投資を行なったほうが良いのでしょうか。

私が株式投資を始めた頃は配当金信者でした。


「株価にこだわるのはバカらしい。株価はどうでも良いから、安定した配当金収入を確保することができればそれで良い」という考えを抱いて配当利回りの高い株ばかり買っていた時期があったのですが、結果を言うと「売却益」の方が総合収入が多かったのです。

私は配当金狙いの投資は有効だと思っています。

株価にこだわらず、配当金という名のインカムゲインを長年受け取り続けるのは「強者の戦略」になるでしょう。

銀行にお金を預けて雀の涙ほどの利息を受け取るよりも、配当金狙いの投資を行なった方が不労所得は大きくなります。安定配当を支払う株も多々存在するので、「安定配当狙いで株を購入する戦略」は現在でも通用します。

しかし、総合的なリターンを見ると、やはり売却益の方が儲かるのが事実です。

配当金狙いの投資を実行する方は「ビジネスモデルが安定している株」を長期投資するのが良いと考えています。逆に売却益を狙いたい人は短期売買を実行し、後の値上がりが期待できる成長株を買うのがお勧めです。

配当金狙いの投資は否定しません。

むしろ、安定収入を確保したければ「配当金」を重視した方が良いと思います。配当金狙いで買った株の株価が向上し、結果的に売却益を得るパターンも多々存在するからです。

売却益だけにこだわらず、配当金という要素も加味して株式投資を行なえば株取引の勝率を高めることができます。持ち株に含み損が発生しても「配当金でカバーすれば良いや」と、柔軟に戦略を切り替えることができるので配当金は無視できない存在です。

ただ、配当金狙いの投資だと投資資金が多くないと効力が薄いので、「勝ち組の戦略」になります。投資資金が少ない人間が株式投資で大きく儲けたいと思ったら、やはり売却益を重視するしかないのです。

長期投資を行なう場合、メインとなる収入は「配当金」です。

配当金を受け取りつつ、株価の向上を待つのが長期投資の基本になるため、配当金を軽視するのは良い考え方ではありません。

売却益は「確定していない報酬」になりますが、配当金は「確定している報酬」になります。(安定配当株の場合)

結果的に売却益の方が多くなるパターンがほとんどですが、配当金という存在も重視すると様々な戦略を使いこなすことが可能になります。配当金狙いでディフェンス株を買い、結果的に株価が値上がりした場合、株を売却して利益を確定させても構いません。

逆に株価の値上がり目的で株を買い、大きな含み損を抱えてしまったら「配当金狙いの投資」に戦略をシフトして長期投資を行なうのが得策になります。

長期投資を実行すればいつか株価は回復する可能性は高いので、「配当金を支払う株」を購入するのは戦略上有利に働きます。

「株を持っているだけで不労所得が受け取れる」のはかなり大きなメリットです。

配当金という存在をしっかり評価すれば、株を保有するのが無駄ではないことに気づきます。

私は配当金の存在を「長期投資を支援する心の支え」だと思っています。

ただ株を保有しているだけで配当金が受け取れるのですから、配当金を有効活用しない手はありません。

「株を長期間保有すれば配当金がたくさん受け取れる」という基本原則を理解していれば含み損に怯える必要はなくなります。多大な含み損を抱えてしまったとしても、配当金収入でカバーすれば良いのです。

配当金を待つ間に株価が回復することもよくあるため、「配当金を心の支えにする」のがお勧めの投資スタイルです。


スポンサードリンク