株を長く保有するのは難しい?

LINEで送る
Pocket

株を長く保有するのは簡単なように思えて、とても難しいのです。

株はほったらかしにしても利益を出してくれますが、株を保有し続けることに対してストレスを溜めてしまう方もいらっしゃいます。

株式投資には信念と強い忍耐力が必要になります。

株を長く保有するのは「堅実に儲ける」ために必要な条件になるのですが、利益率を度外視するのであれば忍耐力は必要ありません。

しかし、1つだけ意識してほしいことがあります。

個人投資家の9割が負けるのは「忍耐力がない」からです。これはビジネスで失敗する人の特徴でもあるのですが、じっくり腰をすえて株を保有することができないというのが敗因になるのです。

焦りは失敗を招く原因になります。

株を長く保有して、できるだけ損失を防ぎたいと考えている方は次の考え方を参考にしてください。

それは、「時間が成功率を高める」という考え方です。


株式投資は時間をかけてじっくりと取り組む人ほど堅実に儲けることができます。逆に言えば短期間の利益を狙って株を売買しても安全に儲けることができないのです。

株式投資で資産を築きたければ、着実にお金を増やしていく意識を持つことが重要です。特に投資資金が少ない方は最初から大儲けすることを期待しないでください。ビジネスの世界でも大儲けできるのは「資本が増大したとき」です。資本がほとんどない状態で大儲けを期待するのは無謀に近いのです。

これはある意味希望です。

個人投資家は株式投資で勝てないと言われていますが、それは誤りです。

「個人投資家でも時間をかければ株式投資で勝てる」というのが真実になるのです。機関投資家は時間をかけて利益を出すことができません。それは株取引のノルマが定められており、悠長な手段で利益を上げることを許されていないからです。

株を長く保有するのは「機関投資家との勝負を避ける」という意味合いもあるのです。

大抵の人は、初心者の方が株式投資で勝てないことを例えるのに、野球の例を出します。

「株式市場で参加するのは、初心者がメジャーリーガーと勝負するのと同じなんだよ。初心者がメジャーリーガーの球を打てると思うか?」

上記の例えはある意味正しいのですが、根本的に間違っています。

機関投資家=メジャーリーガーなので、最初から勝負しなければ良いのです。機関投資家やデイトレードのプロは値動きの激しい株を狙う傾向があるため、そのような株は最初から買わなければ良いのです。

野球では「勝負をしない」という決断を選択することも可能です。つまり、敬遠をすれば良いのです。

株式投資でも敬遠策は有効で、自分が勝てない土台で勝負する必要はありません。株を長く保有するのは「機関投資家との勝負を避ける」という意味でも重要になるのです。

 


スポンサードリンク