大学生は株式投資を始めて資産運用について学ぶべき!

LINEで送る
Pocket

私は、「株式投資を始めるのは若ければ若いほど良い」という持論を抱いています。


大学生は積極的に株を買うべきです。

私は大学に在学していたときに自分でお金を稼いで様々な株を買い続けていましたが、株式投資を始めたお陰で経済について興味を抱くようになりました。

「意識の高い学生」が話題になっています。

意識の高い学生は自分で起業したり、経済について勉強したり、株式投資の仕組みについて学んだりするのですが、私は「意識の高い学生を目指せ!」と強く主張したいです。

経済の動向について興味・関心を抱くのはとても良いことです。資本主義社会で生きている私達は経済を無視して日々を過ごすことはできません。経済に興味を持てないと「現代社会の動向を分析することができない」ため、非常に不利になります。

大学生の頃から株式投資を始めると「資産運用スキルが身につき、経済の動向に詳しくなれる」という現代社会を生き抜くために必須となる能力を得ることができます。

【大学生は時間が有り余っている】

私も学生時代を経験したからはっきり言うことができるのですが、大学生は時間が有り余っています。余った時間を利用してアルバイトをしたり、恋人とデートしたりしても良いのですが自分の能力を高めたければ株を買うべきです。

時間が余っているのは良いことです。

その分株式投資について勉強することができるので、「株式投資で勝つための戦略を立てる」という最強のスキルを身につけることが可能になります。

株式投資に詳しくない人ほど知名度だけが高く、割高で配当利回りも低い残念な株を買ってしまう傾向が強いのですが、大学生の頃から株式投資について学んでいれば優良株を分析する能力を身につけることができます。

大学生は社会の常識に縛られていないから良いのです。

社会に出ると企業格差を目の当たりにするため、「やっぱり投資するなら大企業だな」という根拠のない考えを抱くようになります。

資産株を保有する目的で大企業に投資するのは良いのですが、「大企業は凄いから大企業の株を買う」という単純な考えを抱いて株を買う人のほとんどは社会人です。

常識に縛られて株を買う人ほど株式投資で負けます。

株式投資は常識が通用しない世界であり、変人であればあるほど株式投資で儲けられるという特異な世界です。

世間の常識が染み付いていない大学生の段階で株式投資について学べば、新たな投資スタイルを身につけることも可能です。大学生は「ホワイトな状態」なので、正しい手法を身につけるのに適しています。

自分のプライドや価値観が凝り固まっている人ほど勝つ理論を学ぶのが難しくなります。

頭が柔らかい学生時期を活かして株を買えば、「株式投資で儲けるコツ」を知ることができます。

若い人ほど失敗した方が良いのです。

失敗経験から多くの出来事を学べるのは若者の特権であり、大学生ほど失敗を味わって「自分の勝利理論」を築いてほしいと思います。


スポンサードリンク