本末転倒を避けるために

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝つためには本末転倒を避けなければいけません。

本末転倒とは、物事の根本的な理由を履き違えることになります。

株式投資を始める根本は何でしょうか?

儲けることが根本です。

儲からないのが分かっていて、誰が株式投資を始めますか? 恐らく、よほど奇特な方でない限り株式投資にチャレンジすることはないでしょう。

株式投資で儲からないのは本末転倒です。


 

大切なお金を出して株を買う。それは儲かるという可能性が存在するからです。その可能性はできるだけ高くなければいけません。個人投資家の9割は負けると言われていますが、この負けている人たちは間違ったやり方に気づいていないから負けるのです。

間違ったやり方とは何でしょうか?

それは勝算が低く、合理的ではない投資方法を貫くことです。

何事も行動するときはコストがかかります。ビジネスの世界でも初期費用をかけなければ何も行なうことができません。ネットビジネスの世界も同様であり、ネットに接続するためのお金がかかります。少なからず初期コストはかかるものです。株式投資も同様です。

初期コストがかかるビジネスで失敗するのは本末転倒です。

初期コストが発生する理由は大多数の方が理解しています。例えば、店を開業して広告費を増やすのは自分の店に置いている商品を売りたいからです。つまり、初期の段階でお金をかけて後々お金を回収するのがビジネスの一般的なパターンになります。

株式投資で勝つためには、ビジネスの基本的な概念を学ぶ必要があります。

株を買うのも初期コストがかかる行為です。しかし、何のためにお金を出して株を買うかというと、後々投資した金額以上の収益が見込めるから株を手に入れるのです。逆に収益が見込めない株を買う意味は存在しません。

利益追求主義という言葉は悪く使われることもありますが、株式投資においては利益だけを追求しても問題はありません。会社を応援するために株を買うこともありますが、やはり根本的なメリットは株で儲けるという基本概念に属しています。

物事の根本的な部分を履き違えてしまうと、絶対に後悔する結果を引き寄せることになります。

株式投資の根本は自分が儲けることです。この部分を勘違いしてはいけません。

逆に根本をしっかり理解していれば、ゴールに向かう方法を理論的に考えることができるようになります。ゴールにたどり着くためにはどういう手段を取れば良いのか? どうすれば効率的に株式投資で勝ち続けることができるのだろうか?と、自分の頭で一生懸命考えることができます。

こういう風に自分の頭で考えるのが株式投資で勝つために重要になります。

根本さえ理解すればゴールまで逆算して考えることができます。後は枝葉の部分を攻略すれば良いだけの話です。


スポンサードリンク