富国強兵の富国を目指そう!

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝ちたければ、効率的に自分の資産を増やしていくための考え方を身につけなければいけません。

そこで私がお勧めしたい考え方は、株式投資の富国強兵論です。

意味が分からないと感じる方がほとんどだと思うので、詳しく解説させていただきます。

そもそも富国強兵とはどういう意味でしょうか? 富国強兵を簡単に解説すると、国の経済を強めて軍事力も高めるという考え方です。

つまり、国家の力を増強させるための考え方が富国強兵という政策なのです。では、株式投資でいう富国とは何のことを指すのでしょうか?

それは他ならぬあなたです。あなたは株式投資を始めることによって、富国強兵を実現することが可能です。それは株という力強い兵士たちが、あなたのためにお金を稼いでくれる存在になるからです。

つまり、富国強兵を実現したいのであればたくさんの株を購入する必要があるのです。富国とは国家の経済力のことを指しますが、株式投資では配当金の出る株をたくさん集めれば必然的にあなたの経済力が強まっていくのです。


しかし、現実的な富国強兵論には問題が存在します。それは経済に豊かにすることと軍備増強は相反している存在だからです。

軍事力を高めようとすると、軍を維持するための維持費がかかります。軍の維持費が国家の経済を圧迫するため、国の経済を発展させつつ軍事力を強化するのはとても難しいのです。

では、株式投資ではどうなのでしょうか?

株式投資に限って言えば、軍備の増強は必要ありません。富国強兵の「富国」という部分にだけ力を注げば良いのです。株を買えば買うほどあなたは裕福になっていきます。それは不労所得という新たな収入が手に入るのが理由です。あなたという国の経済力を高めるためには株という頼りになる味方を増やさなければいけないのです。

また、株という存在は維持費がかかりません。

富国強兵で問題となる軍事費。これが経済発展の足を引っ張っているという理論は株式投資では関係なくなるのです。そのため、自身の経済力を高めるのはそこまで難しいことではないのです。

株をたくさん持っていたら誰かから強奪される危険があるという場合は別ですが、幸いにもここは平和な日本です。いくら株をたくさん持っていても詐欺や強盗にあわない限り、他人から資産を奪われる危険はほとんどないのです。

株式投資で勝ちたければ富国強兵を意識し、あなたが国の元首になったつもりで株式投資に取り組むのが良いでしょう。株式投資で勝つための方法は、配当金の出る株を多く手に入れて富国強兵の「富国」という部分に力を入れることなのです。


スポンサードリンク