堅実な人が最後は勝つ

LINEで送る
Pocket

株式投資では堅実な人が最後に勝利を掴むことが多いのです。これは他の投資でも同じことが言えますが、投資をする目的を考えなければいけません。

多くの方は投資を通じて「お金を殖やしたい」「資産を増やしたい」と考えていますが、この目標を達成するためにはどうしたらいいのでしょうか?

その方法はとても簡単です。諦めずに投資を続ければ良いのです。

ウサギと亀の話をご存知でしょうか? ウサギは足が速いという特徴を活かして亀と競争したのですが、最後は亀に負けてしまいました。

亀の勝因は明らかです。ウサギはところどころ走るのをサボっていましたが、亀は自分のできる範囲で走り続けることができました。堅実に走り続けた結果、亀はウサギに勝つことができたのです。


堅実な人が最後に勝つのは、資産を増やすための行動を取り続けることができるからです。目先の利益を求めて行動しても長期的に勝つのは難しくなりますが、「資産を増やす」という目的意識があれば結果を出しやすくなるのです。

堅実な人は時間を味方につけることが可能です。

個人投資家が株式投資で勝つには時間を味方にしなければいけません。時間を利用して不労所得を得て、不労所得を再投資にまわして着実に資産を増やしていく戦略を取るのがお勧めです。しかし、この戦略を最後まで実行できる方はそう多くはないのです。

株式投資で失敗する原因の多くは、根気がないからです。

多くの方は株式投資で結果が出ないことに不満を覚えてしまい、すぐにお金を稼げるデイトレードやスイングトレードに走ってしまいます。しかし、これでは時間を味方につけることができません。味方は多ければ多いほど良いので、時間という要素を味方にすれば株式投資で勝ちやすくなるのです。

また、堅実な人は毎月こつこつと投資を続けることができるので、着実に投資金額を増やせるという特徴があります。実は、この特徴は物凄い大きな要素になるのです。

一般的に個人投資家のほとんどが投資金額が少ない段階で株式投資をスタートします。最初は投資金額が少なくても問題ないのですが、投資金額を増やし続ける意識を保たなければいけません。

堅実な人は毎月安定して新しい株を買うことができます。これは収入を増やす上でも有効になる考え方であり、堅実という長所を活かした素晴らしい戦略になるでしょう。将来のことを考えて投資を続けられる人はとても強いのです。一貫した戦略を取り続けることができるのも、堅実な人の長所になります。

堅実に投資を続けてもなかなか結果が出ないと悩んでいる方は、最後は自分が勝つという意識を抱きましょう。長期投資は長く続ければ続けるほど結果を出しやすくなるので、多少の損失が出ても気にしないで投資し続ける姿勢が重要になるのです。

堅実な人はそれが可能です。堅実に生きるというのは美徳であり、株式投資で確実に勝ちたければ堅実さを身につけなければいけません。

 


スポンサードリンク