性善説を信じるか性悪説を信じるか

LINEで送る
Pocket

最近東証マザーズに上場している企業の代表者の嘘が発覚して、「人を信じるのが本当に正しいことなのか?」と疑問を抱いている人も多いのではないかと推測しています。

この世には性善説と性悪説という2つの言葉が存在しており、人間の本性は善であるという考えと、人間の本質は悪であるという考え方が存在します。


私自身はどちらでもないと思っており、本気で「人による」としか言えません。誰に対しても善人というのは理論的に不可能ですし、誰に対しても悪人であるというのも実際問題かなり難しいからです。

 

例えば詐欺師は詐欺を働いてお金を稼ぎますが、これは世間から見たら悪党でしょう。

 

それは間違いないのですが、家族を養っている詐欺師が存在するのも事実です。この場合、世間的に見て詐欺師は完全に悪党でも、家族から見たら「自分たちを養ってくれる人」として映るため、家族の視点で見たら悪だとは限りません。

 

勿論、詐欺は絶対に行ってはいけませんが、結局人間の悪や善は人間が決めることが多いのです。

この世の中には肉を食べただけで悪人だと決めつける人もいらっしゃるのです。

 

私の極論を述べれば、人間は全て悪だと思っています。これは性悪説とは少し違うのですが、人間は生きているだけで罪を重ねている生き物だと判断しています。

 

何かを食べることによって動物の命を奪い、生命活動を維持するというのは人間にとって必要な行為です。

食べ物を食べる前に「頂きます」という言葉を述べるのも、命を奪っていることを自覚しているからです。頂きますの意味は「命を頂く」という意味であり、人間は皆全て罪を重ねながら生きているのです。

 

そのため、人間自体はほぼ全て罪を重ねていると私は考えています。

 

当然のことながらこの私も同じで、人様に迷惑をかけないで生きるのは実現不可能だと思っています。

 

性悪説に関しては誤解も広まっているのですが、荀子によると「人間の本性は本質的に悪ではないが、環境や欲望によって悪になる」という意見です。

 

実はこれは私も強く同意しています。

 

親に愛されなかった人間は大人になっても他人を愛することができないという意見が存在しますが、これはあながち間違っていないと思っています。

人間の善悪をわけるのは環境の影響がとても強く、常に奪うか奪われるかの環境下に生きていれば「他者に与える」という考えが浮かばなくても当然ではないでしょうか。

 

現にソマリアなどは非常に治安の悪い国として知られていますが、アフリカ諸国の大半が治安リスクを抱えています。「自分で作物を育てるより、他者から作物を奪った方が早い」と考えていれば、他人から奪うのが効率的で正しいという思考が生じて当然です。


出典 footage.framepool.com

ビジネスの世界でも与えるか、奪うかの思考で議論することが多いです。ビジネスは競争社会であるため、与えるのではなく奪うのが正しいと考える人も一定数いらっしゃいますが、私は逆の考えを抱いています。

 

どのビジネスも基本的に人様や社会の役に立つことを目的にしているのですから、奪うだけの発想では続かないと思っています。奪うビジネスは瞬発力と即効性に長けているのは確かですが、持続性はないのです。

 

ただ、私は人間というものは絶対に分かり合えないと思っており、「双方で分かり合えないのであれば付き合うべきじゃない」と考えています。

そもそも全ての人間と付き合う必要は全くないのです。訳の分からない意見を述べる人と付き合う価値はないですし、全ての意見を取り込もうとしたら時間がいくらあっても足りません。

 

人間は誰もが環境次第で良くも悪くもなると私は考えており、環境や教育が悪くて悪人道を突き進む人間は本当に仕方ないなと思いますね。

 

そういう人間と関わりたければ関われば良いですし、関わりたくなければ関わらなければ良いのです。私が他人の生き方に対して口出しする道理はないのですから。

 

孟子も朱子も「人の本質は善であっても、環境次第では悪になる」と述べています。この意見は本当に正しいと思うのです。

 

この世に悪人は確実に存在します。全ての人間が善人というのは理想論でしかなく、全ての人間は一生分かり合えないので「自分と分かり合える人間とだけ付き合えば良い」というのが私の意見になります。

 

それに突き詰めて言えば、どんな人間でも良いところと悪いところがあるのが普通です。

 

悪いところだけに注目すると悪人だと思ってしまいますが、良いところを注目するように心がければ完全な悪は存在しないことに気づくことができます。逆に言えば完全な正義も存在しないのですが……。

 

「この世には平気で人を騙す人がいて当たり前」という考えを抱き、株式投資を続けるのが賢明です。


スポンサードリンク