株式投資の方向性を定める

LINEで送る
Pocket

株式投資を始めるにあたって、「どうやって儲けたら良いのか分からない」と悩んでいる方もいらっしゃると思います。結論から言ってしまうと、株式投資を始めていない人が儲けるための方法について考えても無駄なのです。

なぜなら、株式投資で儲けるための戦略を知らないからです。


配当金を狙って株を買えば稼げるのは事実ですが、実際に稼いでみないとその方法が本当に正しいのか理解することができません。実際に稼ぐという経験を通じて、初めて株式投資の魅力を知ることができるのです。

株式投資で儲けたいと考えている方は、自分の方向性を定めることをお勧めいたします。方向性を定めるために役立つのがリストです。どういう収入が欲しいのか?というリストを作成して、適した手段を当てはめればそれだけで稼げます。

【リスト作りの例】

あなたはすぐにお金が欲しいとします。その場合、株式投資の方向性は以下のように定めることができます。

・デイトレードを中心に資金を増やしていく。

・1日に5回トレードをする。

・値動きの激しい株を購入して、売却益を狙う。

このように自分の望む方針を考え、その方針に沿った手段をリストに記載すれば株式投資の方向性を定めることが可能になります。すぐにお金が欲しいと思っている方は、デイトレードを中心に資産を増やしていくのがお勧めです。その際は配当金を狙わず、売却益だけを狙う方針を貫いた方が良いでしょう。

最初は願望で構いません。自分の願望をリストに書き出すだけで株式投資の方向性を定めることができます。

・不労所得が欲しい。

・働かなくても生活できるだけのお金が欲しい。

・食費をもっと減らしたい。

・お小遣いを増やして趣味の費用に充てたい。

上記のように抽象的な願望で良いのです。これらの願望をリストに書いた後、どうしたら願望が達成できるのか考える必要があります。

例えば不労所得が欲しい場合、配当金を出してくれる株を購入すればそれだけで願望を叶えることができます。不労所得をもっと増やしたければ他業種の株も購入して、資産を分散すれば良いのです。決算月が異なる株を買えば定期的に配当金が振り込まれる生活を送ることができます。

働かなくても生活できるだけのお金が欲しければ、投資資金を増やす必要があります。投資資金を増やすためにアルバイトを始めたり、残業を多くしたり、配当利回りの高い株を買ったりと、お金儲けの手段に焦点を定めることが可能です。

願望が目標を作り、目標が手段を作ってくれるのです。株式投資の方向性を定めるために重要なのは、「自分の願望」です。他人から見たら笑われるような願望でも構いません。とりあえずリストに書き出してください。

実現が難しい願望だとしても、株式投資の方向性を定めるために役立ってくれます。方向性が定めれば株式投資でブレることがなくなります。

デイトレードに挑戦したり、長期投資をかじってみたり、中途半端な戦略を採用する人ほど株式投資で負けやすいのです。

ブレない自分を確立するのは株式投資の勝率を上げるために重要となるので、まずは願望を書き出して方向性を定めることから始めていきましょう。

株式投資の方向性を定めれば、自分が必要とする知識も得やすくなるのです。


スポンサードリンク