株式投資を始めると頭が良くなる

LINEで送る
Pocket

株式投資を始めると頭を良くすることが可能です。


頭が悪いことで悩んでいる人も多々いらっしゃいますが、そういう人は株式投資を始めてください。株式投資を始めると「自分で情報を集め、勝つための戦略を練ることができるようになる」ため、必然的に頭が良くなるのです。

勿論、何も考えないで株を買っても自分の頭を良くすることはできませんが、「勝つために本気で考えること」を繰り返せば株式投資で大きな利益を上げることが可能になります。

頭の良さというのは「どれだけ要領良く考えられるか」ということだと思っています。

例えば私は「1番良いビジネスは人の役に立つビジネスだ」と述べていますが、これは感情論ではありません。合理的な発想を重視して導き出した意見が、「人の役に立つのが1番」という結論です。

人の役に立つビジネスを行なっていれば多くの賛同者、ファンを集めることができるだけではなく、「お客様のニーズ」を満たすことができるので持続的発展を成し遂げられます。

長く儲けるビジネスモデルを築きたければ、「お客様の利益」を重視しなければいけません

お客様に価値を与え、その結果として利益が得られるのですから、1番に考えるべきなのは「お客様の利益」です。多くのお客様に利益を与えている会社ほど発展するのは「お客様に利益を与えた後に、自分も利益を得る」というビジネスモデルが築かれているからです。

そのため、「人のために行動し、人のために生きる」という発想がビジネスでは重要になります。

私はこの考えに辿り着くまで非常に時間がかかりましたが、合理的思考を重視して考え続けた結果、「お客様の望むものを与える」のが1番効率的であることに気づきました。

自分の頭を良くしたければ「考える機会」を作らなければいけません。

株式投資を始めると嫌でも考える機会を設けることができるため、自分の頭を鍛えることが可能になります。

株式投資で必要となる能力は「合理的に考える力」です。

合理的に考えられず、感情に流される人は株式投資で勝利を掴むのは困難です。そもそも感情的になる時点で「合理的ではない」ので、合理的に動きたければ「勝つ可能性の高い手段」を選択する必要があるのです。

株式投資を始めると数多くの選択を迫られます。

含み損が発生したときに損切りするか、含み益を得るまで株を放置するか。含み損に耐えきれずに感情的になって株を売却するか。

この辺りの問題は「合理的思考」が身についていれば的確な行動を起こすことができるのですが、合理的に考えられない人は感情に任せて動きます。

自分の利益を重視し、常に合理的な判断を下せるのが「頭の良い人」です。

こういう人は株式投資で勝ち続けることが可能になりますが、「感情に任せて動く人」は思考そのものが合理的ではないので株式投資で負けます。

「頭を良くするために株式投資を始める」という目標を立てても構いません。

本気で株式投資で勝つための勉強を続け、「合理的思考を得るための訓練」を重ねれば頭を良くすることができます。

様々な情報を取得し、多角的な視点で情報を分析する習慣を身につければ頭を良くするのは容易です。株式投資を始めると「情報分析」が重要ということに気づきます。自分で情報を収集し、情報を的確に分析する機会を多く設ければ必然的に頭は良くなっていくのです。


スポンサードリンク