投資ルールに縛られてはいけない

LINEで送る
Pocket

株式投資初心者の方に多いのですが、投資ルールに縛られすぎるのは良いことではありません。


他の株サイトや株式投資の本を読んでいると、「自分の投資ルールを決めるべき!」と主張していることが多いのですが、私はこれに真っ向から反対したいと思います。

投資ルールに沿って株取引をすることが悪いわけではないのですが、投資ルールに縛られると「機械的な判断」しか下せなくなることが多くなります。

例えば持ち株の株価が10%値下がりしたら損切りするという投資ルールを定めていたとします。100万円の投資資金を利用して株を買っていたのですが、日経平均株価低下の影響を受けて株価の時価総額が90万円になってしまいました。

投資ルールを厳格に守る人は「あ、株価が10%下がったな、よし売ろう」という形で損切りするのですが、こういう風に何も考えないで損切りするのは止めた方が良いです。

これ以上の成長が期待できないという理由で損切りするのであれば別ですが、「日経平均株価が下がり、自分の持ち株も10%下がったら損切りをする」というのは何も考えていないのと同じです。

日経平均株価の影響を受けて株価が下がったのであれば逆に株を買うチャンスです。

安く株を買うことができるので、株価が下がったのはチャンスだと捉えてナンピン買いを決行するのがお勧めです。

しかし、投資ルールに縛られている人は「投資ルールを守らなければいけない」という意識が1番に働くため、何も考えないでルールを守ることを優先しようとします。こういう思考になると株式投資で勝てなくなってしまうので、ルールに縛られないように気をつけてください。

投資ルールを守れば株式投資で勝てるという保証はないのです。

自分の決めたルールに沿って株取引を行なうと何となく安心感が生まれます。「ルール」という自分の行動を決めてくれる存在がいるため、このルールを守れば問題ないという安心感に包まれることが多いのです。

私も実際に投資ルールを厳守して株取引を行なったことがありますが、物凄い違和感を覚えました。

「あれ、俺がやっているのは機械と変わらないじゃ……?」

そうなんです、投資ルールに沿って取引するのは機械でもできる行為です。株式投資は対応力に優れている人が勝つという法則がありますが、無条件で自分の決めた投資ルールを受け入れるのは儲ける法則と相反しているのです。

そもそも10%株価が減ったら損切りをするという投資ルールは、理論性に欠けています。

なぜ10%下がったら損切りする必要があるのか?という明確性に乏しいですし、リスクヘッジを強化したいのであれば損切りしないで分散投資を決行すれば良いだけです。

相場は常に動き続けているのでその時の状況によって最善策は変化するのです。

サッカーを参考にしてください。

サッカー選手もシステムや戦術を頭に叩き込んで自分の動きを意識しますが、「ペナルティエリア内でボールを受け取ったら無条件でシュートする」というルールを決めているサッカー選手はほとんどいないと思います。

ペナルティエリア内でボールを受け取った後にシュートを選択した方が良い場合もありますし、パスを決断して味方にゴールを決めてもらった方が良いケースもあります。

株式投資もサッカーと同じで、ケースバイケースの概念が重要になります。

つまり、株式投資で儲けるために重要になるのは「投資ルールを守る」ということではなく、「現状や情報を分析して最善策を選ぶ」という行為になります。損切りするのが最善であれば損切りはすべきですし、そうではないのなら投資ルールを無視した方が良いのです。

そもそも細かい投資ルールを明確に定めてしまうと臨機応変な対応を取るのが難しくなるので、ある程度自分の信念に基づいて株式投資をするだけで良いと思います。

例えばバフェットは「絶対に損をしない」ことを意識して株式投資を行なっていますが、投資ルールはこれくらい大雑把な方が良いのです。

几帳面な人ほど投資ルールを細かく定めたがる傾向がありますが、株式投資で勝ちたければルールは大雑把で良いことを理解しなければいけません。


スポンサードリンク