嘘をつく人間は絶対に信用するな!

LINEで送る
Pocket

私がこの世で最も嫌いな人間は嘘をつく人です。


勿論、嘘をつく内容にもよりますが「保身を意識した嘘」は絶対に許してはいけない嘘に該当します。株式投資というジャンルはお金が絡んでいる関係もあり、嘘、偽りが飛び交うとても悲しい雰囲気で満ちています。

営業マンのセールストークに乗せられて株を買った人もいらっしゃるでしょう。

それは株を買った自分が悪いので自己責任になるのですが、「自分の利益を第一に考えて嘘をつく人間」は絶対に信用してはいけません。

この世は嘘で塗り固められています。

ビジネスの世界も同じで、経営者が社員に対して嘘をつくことも珍しくありません。

何の保証もないのに「とりあえず3年続ければキャリアアップが望める」と嘘をついたり、「3年間働いたら正社員として採用するよ」と嘘をついたりする人もいらっしゃいます。

安価な労働力を確保したければ耳障りの良い嘘をつき、相手に希望を持たせるのが得策となります。しかし、私はそのような生き方を真っ向から否定しているため、「耳障りの良い嘘をついて他人を騙す人間」を信用することは絶対にありません。

株式投資で勝ちたければ「自分の意見」を持つ必要があるのです。

それは「自分の利益を目的とした嘘」に騙されないための最良な抵抗活動になるからです。

私も過去、嘘をついたことはありますが(子供の頃)、「あ、自分は嘘が嫌いなんだ」と気づいたので今は全く嘘をついていません。株式投資.jpで記載しているトレード内容も全て本物で、載せている情報も嘘、偽りのない独自情報になります。

嘘をつく人間は「自分の立場を守るため」に嘘をつくことが多いのです。

相手のことを考えて嘘をつく場合は別ですが、保身のために嘘をつく人間は自分のことしか考えていないので絶対に付き合ってはいけないのです。

ビジネスの世界でも同じです。

私が最も許せないと感じる嘘は「できないことをできる」という嘘です。

「50万円の資金が必要になりますが、この広告を出せば売上を2倍に高めることができますよ!」ということを述べた人間がいるとします。その言葉を信じて広告を出しても、売上は1.5倍しか増えませんでした。

これは嘘に入ります。

「広告を出せば売上が2倍になる」と言いつつ、実際に売上が2倍になっていないのですから正真正銘の嘘になります。こんなくだらない嘘をつく人間はビジネス関係を解消した方が良いですし、嘘つきと関わってもろくなことはありません。

「いや、それは嘘ではなく、ただ結果が出なかっただけなのでは?」と考える人もいるでしょう。

違います。

「結果が出る」と言いつつ結果が出せないのは、ビジネスマンとして絶対に許されない嘘なんです。

できないなら最初から「できない」と言えば良いのです。

できないことを「できる」と言うから嘘になるのであって、できないことをできるという人間と関わると損害を被ることの方が多いのです。

そもそも「できると言ったことができない」のは2パターンにわかれます。

1,本当に嘘をついているパターン

「あ、こいつに広告費を出してもらえばウチの会社の売上が増えるな。ちょっと嘘ついて勧誘してみよう」と考えて嘘をつくケースがあります。

この場合、悪意を持って嘘をついているので信用する必要はありません。

もし嘘が発覚したらその場で取引関係を抹消するのが良いです。1つ嘘をついたら10個嘘があると思わないと騙され続ける人間のまま人生が終了します。

2,嘘はついていないけど、結果が出なかったパターン

本当は嘘をつくつもりがなかったのですが、最初に述べた結果が出なくて「結果的に嘘になってしまった」ということもあります。

この場合も対処は同じです。長く付き合う価値のない人間として判断するのがお勧めです。

そもそも結果が出るか分からないことに対し、「大丈夫です!」と言う方がどうかしているのです。できないことは「できない」と言えば良いのにもかかわらず、無意味に「できる」と言うから大切な信頼関係を失ってしまうのです。

嘘をついて生きても周りには嘘つきしか寄って来ません。

私はそのことを理解した上で、「嘘をつかないで生きる」ことを心がけているのです。

そうすれば私の考えに賛同してくれる人の支持を集めることができますし、「ビジネスで最も重要になる信頼できる相手」を見つけることが可能になります。

過大な嘘をついて自分を高く見せても、ロクな人間が集まってこないのです。

あなたも騙されたくなければ「嘘をつかない人間」を目指してください。嘘を見抜く能力を養い、自分が嘘をつかない人生を歩めば、嘘に騙されて株式投資で大損することもなくなるのです。


スポンサードリンク