私が人気がある物を毛嫌いする理由

LINEで送る
Pocket

私は株に限らず、人気がある物を基本的に好みません。

 

これは私の性格が捻くれているからというのもあるのですが、ぶっちゃけた話人気がある物って割高だし盗まれやすいから嫌なんですよ(笑)

 

例えば私は高校生の頃ZXという原付バイクを買ったことがあるのですが、これ、3台くらい盗まれたんですね。しっかりとカギもつけてチェーンもつけているのにもかかわらず部品を盗んだりバイク本体を盗難したりする人が多発したので、現在は糞ださい原付バイクに乗っています。

 

バイク屋に行って「1番人気がなくてダサい原付をください!」と言った結果、スズキのモレという原付を紹介して貰ったのですが、これが実に良いんですよー。何が良いって見た目がかっこ良くないから10代の盗難対象になりませんし、人気自体が全然ないから盗難リスクが非常に低いのですね。


出典 www.bbb-bike.comwww.bbb-bike.com

 

お陰様でモレが盗まれたことは1度もなく、私はこの経験から「実は人気がない物が最強なんじゃね?」という考えを抱くようになりました。

 

例えばブランド物。

 

私はブランドの価値を高く評価していますが、ブランド物を買い漁るような真似はしません。なぜならばブランド物を身に着けていると「他の人から妬まれる」という最大級のリスクを背負うことになるからです。

 

たまに事業が儲かって高級車を乗り回す人がいますが、あれは正直愚策だと思っています。

 

何が愚策かって、高級品を身に付けたり高級車を乗り回したりすると他人からの妬みや恨みを買いやすいんですよ。

 

別に贅沢な暮らしを満喫するのは個人の自由なので私は全然良いと思っているのですが、人様に妬まれたら色々と厄介なので私は高級品に手を染めることはないように心がけています。

 

ブランド服を着たり、高級車に乗ったりして「自分の財力を自慢し、自己ブランディング戦略を行う手段」も存在しますが、それはそれで必要経費が半端じゃなくてかかるので私は採用しない戦略になります。

 

こんな捻くれた考えを抱いている私は株も徹底的に割安株にこだわっています。

 

私が1度も投資したことがないのは割高成長株です。特にIPO株は「注目度と新鮮度」という意味で多くの人から注目を集めており、株価が割高になりやすいのが特徴になります。

 

こういう株は短期売買に向いているのは確かですが、長期投資するとかなり高いリスクを背負う必要があることを理解しなければいけません。万が一赤字になったり成長性が衰えたりしたら株価は滝のように下がってしまいますから。

 

今年だとオウチーノ(6084)やリブセンス(6054)などが該当しますね。

 

株の場合、人気がある株を買っても盗まれたり妬まれたりすることがないのですが、人気があって割高な株は「様々な戦略が通用しにくい」のが最大の欠点になります。

 

例えば成長性しか評価できない値嵩株は、成長力という最大の武器が失われたら全ての戦略が破綻します。

 

損切りしないで株を保有し続ける方法も存在しますが、それだと大切な投資資金を動かすことができなくなるので重大な機会損失が発生します。

 

しかも配当金を支払わない株だと「株を保有しても含み損が解消されるまで利益が出せない」という流れにハマるため、私は人気が高い成長株を買うことはほとんどありません。

 

成長性に特化した新興株は独特の魅力を放っていますが、「成長性が薄れたときに大打撃を受ける」という特徴を絶対に忘れてはいけないのです。


スポンサードリンク