時間をかければ株式投資で勝てる!

LINEで送る
Pocket

時間をかければ株式投資で勝つことは可能です。

初心者の方にありがちなのが、「株式投資はすぐにお金が儲かる」というイメージを抱いていることです。確かに、デイトレードやスイングトレードという手法を活用すれば短期間でお金を儲けることができますが、基本的にお勧めできません。

デイトレードやスイングトレードは、プロと同じ土俵に立つのと同義です。


デイトレードを通じてお金を得るのはとても難しいのです。1時間後の株価を予測するのはプロでも困難です。私自身も、1時間後に株価がどのように推移しているのか当てることはできません。売られている株が多ければ株価は下がるのだろうなと、ある程度の予測を立てることはできますが予測の域を出ないのです。

なぜ、初心者の方はデイトレードという手法に走ってしまうのでしょうか?

大多数の方は「今すぐお金が欲しい」と願っています。1年後に得られるお金よりも、今お金を手に入れることが重要だと考えている方が大半です。そのような思考だと株式投資で勝てません。そもそも投資に向いていない思考になるので、考え方を早急に変革しなければいけないのです。

なぜ、即金を求めるのがダメなのか?

それは、投資という本質を無視している行為になるからです。

投資の本質をご存知でしょうか? 投資とは、「時間をかけてお金を稼ぐ」ことを言います。つまり、時間がかかる代わりに自動的にお金を稼いでくれるのを投資と言います。

デイトレードは投資ではありません。時間をかけないでお金を儲けようとするのは投機であり、投機は投資ではないのです。投機でお金を儲けようとしても良いのですが、先ほど申し上げた通り「投機は難易度が高い」のが1番のネックになります。

また、投機で儲けようとしている人は大変多く、プロの運用者も投機で利益を出そうと躍起になっています。つまり、プロより優れた実力がなければ投機の世界で勝ち残れないのです。

投機で儲けられるのであれば、それに越したことはありません。デイトレードを通じて儲けることができれば、すぐにお金も手に入るのでメリットは大きいのです。

しかし、私がデイトレードをお勧めしないのは「素人がプロと同じ土台に立って、勝てるわけがない」という思考が存在するからです。勝率の低い手法を薦めるのは情報を発信する側の立場からすると、非常に無責任な行為になります。せっかく株式投資に興味を抱いているのであれば、できるだけ勝率の高い方法を選択してほしいというのが私の望みです。

時間をかければ株式投資で勝ちやすくなるのは事実です。


そもそも機関投資家と呼ばれる「プロの投資家集団」は、時間がかかる株式投資に手を出しません。短期間で利益を上げることを目的としているため、「時間がかかる長期投資は論外」なのです。

逆に言えば、時間のかかる長期投資は「プロが参入できない場」として解釈することが可能です。つまりプロと同じ土台に立つ必要がないので、初心者の方でも儲けやすくなるのです。

また、時間をかければかけるほど株式投資の利益率は高まっていきます。株は配当金という優れた収入源が存在します。

配当金の良いところは、「何回でも貰える」という点です。毎年2回配当金を支払っている株を買った場合、10年間保有していれば合計20回も配当金を貰うことができます。

配当利回りが5%の株を100万円投資して、10年間保有したらどうなるでしょうか?

毎年5万円の配当金を受け取ることができますが、10年間配当金を受け取り続ければ合計金額は50万円になります。

これは物凄く大きいのです。

考え方を変えてみましょう。10年後に50万円儲かるのであれば、例え株価が大幅に減少しても損失をカバーすることが可能です。株価が半額になって投資資金が100万円から50万円になったとしても、配当金を50万円受け取っていれば含み損を配当金でカバーすることが可能です。

つまり、長い時間をかけて株式投資をすれば、それだけ利益を出しやすくなるのです。

配当金は優れた収入源になりますが、損失をカバーするための防衛力も長けていると解釈することが可能です。含み損はあまり気にしないでください。含み損を多く抱えてしまったとしても、「含み損は配当金でカバーすれば問題ないや!」という感じで軽く捉えた方が勝ちやすくなるのです。

多くの個人投資家は時間をかけて利益を上げようとする思考がありません。だから株式投資で負けるのです。

逆に言えば、「時間はかかっても良いから、着実に利益を出したい」という思考さえ身についていれば、株式投資で儲ける確率は格段に高まっていくのです。


スポンサードリンク