サラリーマンは株式投資で儲けやすい

LINEで送る
Pocket

率直に言うと、サラリーマンは株式投資で儲けやすいです。


サラリーマンは毎月給料を貰うことができるので、働いている限り収入が途切れないというメリットがあります。経営者や個人事業主は結果を出さないとお金が得られないのですが、極端な話サラリーマンは成果がゼロでも給料を受け取ることができます。

安定した収入が確保されている強みを活かせば、サラリーマンは専業投資家よりも儲けやすいことに気づきます。

サラリーマンという立場は追加投資を行なうのに適していると思ってください。追加投資を行なうのに重要なのは「毎月利益が出ている状態を維持する」ことです。

経営者の立場だと収入が安定しないので継続投資を実行するのが難しい面もあるのですが、サラリーマンは追加投資を続けることができます。

特に10年間会社勤めを続ける予定のある人は資産を得やすいのです。毎月の給料をやりくりして少しずつ追加投資を行っていけば、10年後はそれなりの資産を築くことができます。労働所得以外の収入も増加するので、他社員と給料が変わらなくてもリッチな生活を送ることが可能になります。

毎月の給料が20万円でも、毎月5万円の配当金を受け取れる仕組みを築いていれば生活は物凄く楽になります。ボーナスの減額や給料の減少という悲しい事態が起こっても、株式投資の利益でカバーすることができるのです。

毎月安定した収入が確保されていると株式投資を長く続けられるので、時間を上手に活用することができます。

株式投資は「時間をかけて儲ける」というマインドが身についていれば負けることはほとんどないのです。サラリーマンは「負けない投資」を実行するために最適な環境が整っていると考えてください。

特にボーナスが貰える人は強いです。

他の社員がボーナスを投資以外の用途で使用しているのであれば、自分はボーナスを株式投資に利用してください。ボーナスを使用して更に収入を高めるのです。給料という安定した収入と、臨時収入であるボーナスを上手く活用すれば資産を築くのも容易であることに気づきます。

また、独身のサラリーマンは資産を増やすのに適しています。独身だと家族を養うための支出を考えなくても良いので、自分の好きなようにお金を利用することができます。

大抵の人は有り余るお金を遊楽費に使用することが多いのですが、将来をもっと豊かにしたければ株に投資するように心がけてください。

サラリーマンは普段の仕事で忙しいので、長期投資に徹することができるというメリットも存在します。給料が入ったら株を買い、後は完全放置で不労所得を得る最高の流れを築くことができるのです。

株式投資の収入だけで生活を成り立たせたい場合悠長に考えることはできませんが、サラリーマンは給与所得が存在します。株式投資で1円の利益も出ないとしても、深刻に悩む必要もないのです。

そのため、サラリーマンは投資のストレスも軽減されるという利点もあります。1番の長所は「固定収入がある」ということですが、この固定収入を上手に活かせば老後は安泰です。


スポンサードリンク